留学先の人妻との思い出

 もう遠い過去になるが、学生の頃の夏休みに一人でアメリカのニューヨークへ会話の勉強のために一ヶ月ほど滞在した。当時まったく知り合いもなかったが、空港の掲示板に「求む! 部屋の掃除、皿洗い・・・住み込み一ヶ月」というアルバイトを見つけた。



 公衆電話から電話すると「すぐ来てくれ」との内容。住所をメモし、タクシーで行くとニューヨークからはずれたある町の一戸建ての大きな家だった。着くとそこの夫妻が待っていた。もちろんタクシー料金は払ってくれた。

 そこで早速寝泊まりする部屋を与えられ、一息する間もなく部屋の掃除をあてがわれた・・・二日目の朝ご主人様が出張でしばらくワシントンに行くことになり、それからは奥様(28歳)と二人きりになった。子供はいなかったが、私が息子のような感じであったのだろう。

 前置きが長くなったがここからが本題。2階の寝室の脇にある浴室を掃除していると、なんと奥様が裸でフロに入ってきた。身長172センチくらいの抜群のプロポーションだった。「一緒に入りましょう」と訳せた。私はビックリして奥様の見事な裸に見とれていると着ていたTシャツを脱がされ、そしてGパンとパンツも脱がされた。もちろん私のペニスはビンビンに勃起していた。

 奥様は笑いながら私の体を洗ってくれた。ペニスは特に念入りに・・・しかし私は女性としかも外人とフロに入るのも洗ってもらうのも初めてだったのでもう興奮してしまい、洗ってもらっている最中に射精してしまった。それも奥様の大きい胸のところに精液が飛び散ってしまった。

 奥様は笑いながら「今度は私の体を洗って」と言いながら石鹸とスポンジをよこした。 私はドキドキしながら奥様の体を洗ってやったが手がガタガタ震えていた。大きなオッパイを洗うときは思わず両手でつかんでしまった。そしてアソコを洗っていると指が中へ入ってしまいヌルヌルだった・・・・その後寝室のベットで奥様が私のペニスをしゃぶり始めた。

 今まで経験したことがないとてもいい気持ちになってきた。すると今度はペニスをしゃぶりながら私の顔の上にアソコを押しつけてきた。今でいうと69だ。当時そんな言葉は知らない。ブロンドのアソコは指で広げながら夢中で舐めた。 頭には血が上り何が何だかわからなくなっていたが、奥様がしゃぶっている口の中に射精してしまった。

 それでも奥様はしゃぶり続け、今度は私のペニスを持ちながらアソコにあてがいそのままヌルヌルのアソコの中へ入れた。騎乗位というスタイル。暖かくヌルヌルの状態で奥様が上下に腰を動かし、だんだん激しく動いている奥様の大きなオッパイを両手で揉みながらいると奥様の中に射精してしまった。

 すると 奥様は私に覆い被さってきてしばらくそのままだった・・これが私の童貞を失った貴重な体験だ。その後ご主人様が出張から帰ってくる前日まで奥様とのSEXは毎日続いた。いろいろな事を教えてもらった。

 おかげでアルバイト料もはずんでくれ、私にとって生涯忘れない最も大事な体験だった。数年後渡しは結婚してからハネムーンはアメリカ各地に行き、もちろん奥様の家にも立ち寄った・・ご夫妻には5歳になる女の子がいた。髪はブロンドであるが瞳は茶色・・・?私は女の子を見た時直感するものがあった・・・「ひょっとして私の子???」ご夫妻には結婚して数年ぶりの子宝に恵まれたようで、それはそれはご夫妻の喜びようはなかった。

 私は何か不思議な感じがしていたので、奥様と二人きりになった時尋ねてみた・・・・ やはり私が学生の時ご夫妻の家にアルバイトに来た時、奥様とのあの一ヶ月にわたるSEXの結果できた子供であった。しかし、よく聞いてみるとご主人様は若い時に高熱を発する大病を患い、勃起はするものの精子はほとんどできない体であると涙ながらに打ち明けられた・・・当時日本から来た私を見て、ご夫妻で決めたということであった。

 つまり私は子供をつくるためにアルバイトに雇われた・・・ということだ。だから奥様は一ヶ月もの間ほぼ毎日私と子作りのために大胆なSEXをした・・・あなたには悪かったけれど私達夫婦には大事なことだった・・・と。でも子供が生まれてからは夫婦仲も更に良くなりご主人様も実の我が子として大事に育てている・・・ということであった。

 私の妻には当時のことをすべて話してあるが、妻は快く受け入れてくれた。 今ではその女の子も20歳を過ぎ、奥様に似て身長も175センチあるとても可愛い子になった。ご夫妻から写真や手紙がよくくる。もちろん彼女は私が本当の父親であるとは知らない。

 いや知らない方がいいだろう。いずれ分かるときがくるかも知れない。ハーフであるが故に。私にも妻とのあいだに双子の女の子が生まれ、もう14歳になる。何か不思議な思いがする・・・今日このごろだ。こんな体験をされた方はいるだろう か??



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ