おじさんの盗撮日記・・3

(56歳おじさんの盗撮の告白)
※おじさんの盗撮日記を初めて読む方は[一度こちら]をお読み下さい!

今日は山小屋に昼から来て野作業を終え、アベックの車も停まっていないので、女性の「興奮度・喘ぎ声」の話


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ある本で読んだのですが、セックスの際、男性が女性の興奮度を判断する材料は「乳首やクリトリスの勃起」「濡れ具合」「喜悦の表情」「よがり声」といったところである。

 このうちで最も個性のあるものが「よがり声」。陶酔型、抑制型、感激型、絶叫型、号泣型・・いろいろあるが、日本女性の場合はほぼ次の12種類に分けられるようだ。

・「好色タイプ」・・甘えて、いつまでもしつこく要求する。声は鼻にかかったように甘さたっぶり。

・「ヒステリータイプ」・・神経質で、自己中心的。思いどおりにならないと、キンキンと高い声で次々に要求する。言葉がはっきりしないので、始末が悪い。

・「未成熟タイプ」・・体がまだ〝女″になりきっていないのか、絶頂を感じるまでには至らない。声はボソボソと小さくうめくような感じ。

・「冷感タイプ」・・感度は悪くないが、男を積極的に喜ばせようなどとは考えない。絶頂を迎えると、声が乾いてカサカサになってくる。

・「優柔不断タイプ」・・セックスに対して臆病な女性に多く、感じ始めても喜びを表にしない。声がにごり、言葉もはっきりしない。

・「愛情過多タイプ」・・感じる度合いが深まるにつれて、声がしめったように低くなってくる。

・「失神タイプ」・・感じ始めると、よがり声を中断して「もっと」などと要求するが、そのまま続行すると失神してしまう。

・「インスタントタイプ」・・酔っ払った時のような巻舌が特徴。セックスを楽しみ、楽しませるが、浮気っぼいのが難点。

・「ハスキータイプ」・・ガラガラで決して可愛い声ではないが、正直に喜びを表現する。

・「二本調子タイプ」・・声の高さに変化がないので、感じているのかいないのか、よくわからない。男の側は、戸惑いを感じてしまう。

・「ハイミスタイブ」・・経験が少ないので、声が緊張気味で硬い印象。フリはするものの、本当には感じていないことがミエミエ。

・「淫乱タイプ」・・声が高く、感じているのは明白だが、はっきり言ってうるさい。男はシラケてしまう。

 とあるみたいだ。あなたの彼女、奥さんはどのタイプだろう?

と書いている時に、車の停車した事を知らせる「ピコピコ音」が、待っていたよーー。「いらっしゃいーー!」「ごゆっくりーー」

さて、このアベックの盗撮日記は次回に・・続く



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ