ラブホテルの盗聴・・「ラブ盗シリーズ其の5」

 部屋のドアの音がして部屋に人が入って来た気配がしたので聞く耳を立てる。



女「あのステーキハウスのお肉、美味しかったね~」
男「競馬で儲かったから今日はふ・ん・ぱ・つしたよー」
女「幾ら儲かったの?」
男「8万円くらいかな・・」
女「すっごいな~今度、靴買って」

こんな会話が15分ほどつづき
女「おふろどうする?」
男「勿論、一緒に・・いいだろうぅーー」」
女「じゃお湯を張ってくねーー」
男「お~おねがいーー!」

女が戻って来て、雑談を5分位

男「そろそろ、入ろうか?」
男「俺が脱がしてやるから、こっちにおいで」

洗面所の盗聴器から

男「レイコの体は何時見ても綺麗だなぁ~」
女「私、最近、太ってきて、2k体重がふえたのよ~」
男「そんな風には見えなけど・・」
女「あーっ、もう大きくなってる」
男「お前の体が豊満だから、立ってきた」

女「そうじゃなくて、スケベなだけでしょう~」
男「ほら・・タオルをここにぃ~!」
女「そんなトコに掛けて、すごい筋肉ね~??」(うん、シンボルにタオルを??)
男「さぁーー入ろうか」

暫くして微かに女の喘ぎ声が聞えるので、耳を澄まして聞くが、余り良く聞えなかった。
20分程して浴室から出て来た。

2人はベットに入った様で、20分程えっち声の音が聞え、女性の「イクイク」が連発
男の声は殆ど聞えなかった。

やがて静かになり、次のデート日程などを話していた。

今日はこれにて帰宅した。終り



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ