ラブホテルの盗聴・・「ラブ盗シリーズ其の4」

(盗聴マニアXの告白)

 明日は休みなので日課と化したラブホテルの盗聴に・・
何時もの空地に着き受信器のスイッチを入れると、早速女性のかん高い喘ぎ声が聞えて来た。



声から察すると若い女の声??
「強く噛んでぇ~~あぁーー、左もぉ~!」(オッパイをしゃぶっているのか?)
「もっとぉ強くぅ・・すってぇぃぃ~、うっ・・」(チュウチュウ音がする)

男の声
「もっと、腰を動かして」(前座位でしてるのか?)
「俺が手で持っているから」(後ろに行かないように腰を・・かな?)

女の声
「もぅーーーーとろけちゃう、マサキぃ~」
「はぁはぁはぁ~、うっっっ、いくぅ。いくぅいっちゃう・・」

暫く続いて・・男の声「うっーいくよーーあっ」(男が射精したのか?」
暫く荒い息使いが続き・・

男性の声「良かったよーー」
女性の声「あたしもよぉ~今日は長かったねぇーー」「ず~と入れていたいわァ~」
男性の声「今度の休みに、やってみようか?」
女性の声「やーだぁ~・・えっつぅーー!」(自分で言い出しておいて、えっつ?」

何かゴソゴソ(汚れをふいているのか?)

女「今日の授業面白かったね」
男「あの先生は、結構ユーモアがあるからな」
女「少しハゲテイルけど、若い頃はイケメン男だったのかなぁ」
男「若い頃はもてたと・・聞いた事があるよ」


男「それより~ねっ~もう1回しようかー」
女「う・う・うれしーーぃ」「壊れるまでぇーーねぇ・・お願いぃーッ~」

 若い人は羨ましい。15分程で再起可能とは。また始まりました。この若いカップルは、しこたま楽しんでお帰りでした。(女の人は何回、死んだんだろう??)

・・次のカップルを待つこと事40分・・
この間に録音を再生して喘ぎ声を聞いて自慰。(悲)

続く



↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ