ラブホテルの盗聴・・「ラブ盗シリーズ其の1」

(盗聴マニアXの告白)

 一度他人のSEXを聞きたくて、ラブホテルに盗聴器を仕込む事を思いついて、電池切れがないように、コンセント用の盗聴器を購入して実行する事にした。(周波数が異なる盗聴器を2個・ベット部屋と洗面所に設置)


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 彼女もいなかったので女装が趣味の友達にお願いして、ラブホテル街道に向かい、近くに長時間駐車できそうな空地のあるラブホテルを、目安にラブホテルを選び女装した友達とラブホテルの部屋に入った。

 部屋に入りえっちな仕掛けやスケベいす、回転ベットで少し遊び、盗聴器を仕掛けるコンセントを桃色して部屋と洗面所に仕掛ける。少しドキドキしてセット完了。

 ラブホテルは1セット2時間単位なので、時間までアダルトビデオを友達と見ながら過ごした。女装した友達も「盗聴したら録音して聞かせてくれと・・」頼まれOKの返事をした。

数日後に盗聴を決行

 まず吉野家で牛丼の大盛りを食べて、腹ごしらえし「いざ~鎌倉へ」意味不明!20分程で盗聴器を仕掛けたラブホテルの近くの空地に到着。持参した受信機のスイッチを入れると男女の声が耳に鮮明に入ってきた。(ヤッター)

「そこ~~ふぅぅーーあっっ~うっーーハァハァ~」
「いいかぁ~ここがいいのかぁーー」
「そこよーー奥までぇ~もっとぉーーそこ・そこぉ~」

「あなたぁーーがんばってぇ~」
「まだぁ・まだぁ・逝ったらだめよぉ~」

 とリアルに男と女の声が受信器を通して聞こえて来たので、急いでICレコーダーをONにした。このカップルは会話から予想すると夫婦なようで、終わった後、盛んに姑の悪口を言っていた。家では満足に出来ないからラブホテルでSEXのようだ。

 女性の喘ぎ声を聞いていたら、私も興奮したので助手席のテッシュを4~5枚取り出し始末した。盗聴時間2時間半にて帰宅。
後日、女装が趣味の友達と盗聴した声を「酒の肴」して聞きながら興奮した。

 何時に無くお酒がすすんだ。

 これから私が盗聴し、主だった数々のカップルを投稿します。名ずけて「ラブ盗シリーズ」(笑)




↓他のHな体験談を見る



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ