色白の艶肌の奥さんは甘蜜の女体だった

 金曜日、僕はある方のお宅に泊りになっていた、お風呂も済み部屋に戻り静かな夜だた思っていた、??変な声が聞こえてきた・・まさかと思ったそこの奥様の喘ぎ声で、可愛く悩ましいその声がはっきりと聞こえてきた

『あなたもっと・・もっと愛して・・』奥さまの名前を呼び「どうだ気持ちいいか・・もっとオマンコが欲しいかい?」『あなたオマンコが欲しいの・・もっとオマンコして』その声がする部屋はすぐ隣りからで、襖をそっと開け覗くと


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 後ろから奥様を突き上げ、奥様がノケゾリ喘いでいたが、正常位になり奥様の綺麗な裸が見えた、上に重なりキスをして吸い合いながら突き上げ、奥様が可愛く悩ましいやがて奥様の中に出したらしく下になていた奥様がしがみつき

『あなたー・・オマンコから抜いちゃいやよ・・』強くしがみついていた、隣りの部屋で夫婦セックスをしいたとは驚きで、布団に戻っていたが当然寝不足になっていた。

 翌朝もっと驚いた、僕の布団に奥様が裸で入っていた『何も言わないで』キスをされ奥様が乳首を含ませた『吸って・・あーうーん・・』奥様に抱かれながらオッパイを吸い『昨晩見ていたでしょう、あなたに見せるようにしたの』

 主人は今朝早く接待ゴルフなの、今日はあなたにあげるから好きにしていいのよ』左右のオッパイを夢中で吸い揉んでいた、そして奥様が両脚を開き生挿入をさせセックスレッスン、もちろん童貞でしたが、幾度も奥様の中でドクドクしていた。

 朝食前でしたがもう奥様の体に夢中になり、直食後はお風呂も一緒に入り、裸を目の前で見て綺麗な色白の艶肌の奥様、夕方まで幾度も挑ませ美味しい女体をご馳走になった。これからも時々はいいそうで僕に抱いて欲しいと言われた。


↓他のHな体験談を見る