取合せが不思議な夫婦の奥さんと

 会社の上司デブ課長36歳の奥さん裕子31歳との話です。奥さんと課長は美女と野獣の言葉がぴったりといった感じで、奥さんは米倉○子似ですごく綺麗でスタイルも抜群。一方課長はデブの多汗症。

 誰が見ても何でこんな綺麗な奥さんにこの旦那と思う夫婦。会社の飲み会にて、泥酔になった課長を送ることになった。普段から酒に弱い課長を何度か送ったこともあり、奥さんとの面識はあった。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 家に到着しインターホンを鳴らすと奥さんが出迎えてくれた。泥酔状態の課長を抱えているのを見て、「山口くんいつもごめんね」「とんでもないです。いつも以上に飲んだみたいで。寝室まで運びましょうか?」「お願いできる?」

 奥さんに課長の荷物を渡し、課長をおぶって2階の寝室まで運び、1階へ降りると「山口くんって力あるんやね」「あっ。はい。学生時代部活してたのと、今もジム通ってますので」「山口くん、お茶でも飲む?」

「はい。いただきます。」テーブルに座り、お茶を飲みながら奥さんと他愛もない話をした。すると「山口くんは彼女と同棲してるの?」「1人暮らしです。課長が羨ましいですよ。こんな綺麗な奥さんと結婚できて」「山口くん口がうまいね」「本当にそう思ってますよ。課長の奥さんでなかったら告ってますよ」徐々に下ネタの話に持っていき、

「本当に課長が羨ましいですよ。こんな綺麗な奥さんとHできるなんて。俺が課長だったら毎日奥さん抱いてますよ。」「(顔を赤面して)結婚してから、そんなこと言われたの初めてよ」トイレを借り、この後、どういうふうに奥さんを口説こうか考えた。

 回りくどいことをしてると、時間だけが過ぎると思い、先ほどの奥さんの言葉を思いだし、実力行使に出ることにし、トイレから出て、座っている背後に近づき、背中に股間を擦らせながら、乳を揉み、耳元で「奥さんこのまま抱かせて」と言うと、びっくりした奥さんは「ダメ ダメ 主人起きてくるから」一向に手の動きを止めない俺は、ブラのホックを外し、生乳を揉んでいる。

 奥さんは本当に抱こうとしている俺に、観念したのか「ちょっと待って」と言い2階へ向かった。課長が熟睡しているか確認に行ったそうだ。戻ってくるなり、抱かれる覚悟が出来たのか、抵抗もせず身を俺に委ねてくるではないか。

 キスをして、舌を絡ませると、奥さんも絡ませてくる。服を脱がせ、豊満な乳を揉んだり摘んだりすると、あえぎ声をだしながら、乳首が固くなってきている。

 パンティを脱がすとヘアーは薄く手入れされている。全裸の奥さんを見ても非常に綺麗だ。片足を椅子に上げ、下から奥さんのオマンコを見上げながら愛撫すると、愛液と声がどんどん溢れてくる。やはりかなりエロい奥さんだ。

 体勢を変え、机に寝かせ、クリを舐めながら指を挿入して、強弱をつけて動かすと、腰をくねらせて、「アーン アーン イイ イクッ イクッ 裕子イッちゃう」と言いながら絶頂を迎えた。

 次は俺の番と思い、服を脱ぎ全裸になるといきなりしゃぶりついてきた。すでに勃起しているチンポをしごきながら「山口くんのオチンチン主人のより全然いい。こんなオチンチンでされたら裕子おかしくなっちゃいそう」と言ってきたので、バックから生挿入すると、本当に締まりが最高にいい。

 強弱をつけてピストンしながら「奥さんのオマンコ本当に締まりいいよぉ」と言うと、奥さんは「アーン アーン 気持ちイイ 康平くん、裕子って呼んで」と言ってくる。体位を変え、騎乗位になると、自ら腰を振りながら絶頂を迎えている。

 最後は正常位で子宮まで突いて同時に絶頂を迎え、乳へ発射した。終わった後、余韻に浸っていると、奥さんから衝撃発言。「旦那とはお腹の肉のせいで正常位のみ。射れてもすぐ逝くから、旦那としても逝かないの。たまにでいいから裕子を抱いて」と言ってきたのだ。

 もちろん快諾し、今でもたまにではなく、課長の目を盗んで週2回は抱いている。最近では離婚するから結婚を迫られている。俺もこれ以上課長に裕子を抱かれたくないので、退職の決意をし、裕子を妻に受け入れる準備をしている。


↓他のHな体験談を見る