美人女子大生のお姉さんと初体験

 私の初体験。それは17歳の純朴な(?)高校生だった頃。当時私はファミレスでバイトしていたが、初体験の相手が同じバイト仲間で私より4つ年上の女子大生Sさん。彼女はなかなかの美人でスタイルも抜群な反面、笑顔が素敵で人当たりが良くて私のような年下のガキにもやさしく接してくれたのであった。

 知り合って1ヶ月過ぎた頃からは一緒に遊ぶようになったが、それでも恋愛関係という感じではなく、友達感覚と姉&弟の感覚が混じった微妙な付き合い方であった。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 バイトが終わる時間がほぼ同じで帰る方向も途中まで一緒だったので、よく帰りに一人暮らししているSさんの家におじゃまして、一緒にテレビ見たりお菓子食べたりして2時間ほど過ごすことが多かったです。

 そんなある日、いつもどおりにバイトが終わってSさんと一緒に帰る時。彼女は「家に寄っていかない?」と言いました。ここまではいつもの事なのですが、彼女は唐突に「○○くん(←私の事)まだ童貞だったっけ?」と聞いてきたのであった。

 私は「ううん。」とだけ答えた。すると彼女はバックの中から何かの箱を取り出して私に見せたのであった。それはなんと「コンドーム」私は一瞬頭の中が真っ白になった。これまでSさんとはエッチのエの字も出てこなかったのにいきなりコレとは。そこからはお互い何も喋らずSさんの家におじゃました。

 いつもと何かが違う、そう感じました。嬉しいというよりも戸惑いのほうが多かった気がします。部屋に入り、座ったときSさんは私に近づき「○○くん、キスしていい?」私は軽くうなづくと彼女は私を抱き寄せて唇を重ねてきたのであった。

 実はキスもこの時がはじめて。Sさんに奪われたファーストキス。最初は軽く触れるものだったが、徐々に舌を絡ませてきた。そして私はベッドで仰向けにさせられた。彼女のキスは次第に激しくなったが、自然と私も舌を出すようになっていった。

 Sさんとの長くて濃厚なディープキスはおよそ10分くらい続いたと思う。唾液いっぱいのいきなりの激しいファーストキスだった。そしてSさんから「エッチしようね。」という言葉。彼女は私の目の前で服を脱ぎだした。

 Sさんの下着姿を見たときは私はかなり興奮してガマン汁が出てしまってた。その間も彼女は下着を脱いで全裸となっていった。そして私も後を追うように脱いだら、彼女が私の手を引いてバスルームへと誘導し、お互い身体を洗う。

 Sさんとの密着状態になり、巨乳でスタイル抜群な彼女の裸を間近で見て興奮しっぱなしの私でした。この時彼女の胸やお尻などを触ったけど、感触がたまらなかったのは覚えてます。バスルームを出る直前にお互い立ったまま抱き合ってキスを交わす。これも長いディープキスで、その間当然のように私のアレは勃起しつつけていました。

 バスルームを出て身体を拭き2人ともバスタオル巻きの姿でベッドへ。ジュースを飲みつつ少しの沈黙が続いた。そして突然Sさんは私の目の前でバスタオルを取って全裸姿になり、私を押し倒してバスタオルを剥ぎ取った。ここからはSさんの長い長いディープキス攻撃が始まった。

 私の上に乗っかって、抱き締めて舌を絡ませてくる。2人の唇はお互いの唾液でまみれていた。彼女の熱いディープキスは唇だけでなく、耳や首筋や乳首にまでおよんだ。攻められている感じだけど、途中からは気持ちよさを感じるようになった。余裕が出てきたのであろうか。その間Sさんと私は全裸で密着状態。身体の温もりを感じる。

 次は私が攻めた。私はSさんの言われるままに従い、胸を揉んだり全身をさすったり、舐めまわした。初めての女性の身体を見て、触って、舐めたの時の興奮は今でも忘れられない。乳首を吸ったり舐め、脇や首筋や太ももを思いっきり味わったのである。そしてSさんのオマンコを直接舐めた。

 既にグチョグチョに濡れており、何ともいえない味だった。そして初心者の私の攻めで感じているのか、あえぎ声が次第に大きくなってきた。エッチは終始Sさんのリードだった、Sさんは私の勃起状態なアレを思い切り咥えてくれたときは思わずイキそうだった。

 そしてSさんが私の上に乗り合体。私のアレは彼女の手で誘導され、とうとう私とSさんは合体した。下半身から感じる彼女の体内は温かかった。ここからは興奮で覚えていないけど、無我夢中にSさんと抱き合ってSEXしながらいっぱいキスをしたのは覚えている。その際彼女の体温の温かさ、髪の毛の甘い香り、エッチなあえぎ声、ディープキスの際の唾液の味、そしてアソコの締りの良さ。

 Sさんという1人の女性を私の五感+αで感じる瞬間であった。そして私はSさんの身体の中でイッた(ゴムは着用)。その時、彼女は私を抱き締めて熱いディープキスをかなり長時間してくれたのであった。そしてSさんはこう言った。「ありがとう。」

 それから、私とSさんの関係は激変し、エッチな生活は始まった。エッチはバイト帰りに彼女の家で週1・2回ほど。お互い休みの日はホテルにも行った。バイト先の控え室で2人きりになった時も、部屋に鍵をかけ、抱き合ってキスをしたりもした。そんな夢のような生活が半年ほど続いたのであった。

 しかし、3月になって彼女は大学を卒業し就職のため地元に帰ってしまう事に。もう会うのが最後かもしれない。私とSさんはホテルに泊まった。入って直ぐにお互い全裸姿となり、朝になるまで何度も抱き合った。気が済むまで唇がふやけるほどの熱いキスを何度も交わして、夢中になり妊娠覚悟で中出しもしてしまった。

 腰が痛くなりそうだった。またその合間には素直な気持ちで色んな事を熱く語り合ったりもした。そして、翌日朝の別れを最後にSさんと会うことは二度となかった。しかし、未だにSさんが私とエッチしようとした動機はわからないままになっている。


↓他のHな体験談を見る