病院のICU室の手伝いに行った体験談

 今日はお盆で入院中の患者が外出や外泊で入院患者がいつもより少なく「今日はラッキー、のんびり仕事すっか」と思っていたらリーダーが「今日は人手が足りてるし、昨日病室の環境整備も終わってるからICUに手伝いに行ってください。「とほほほ・・」朝の総申し送りが終わり、しぶしぶICUへ。

 あ~この緊張感・・輸液ポンプがずら~、レスピレーター5台フル稼働・・外は見えないし俺のほうがICUシンドロームになってしまいそうな雰囲気・・皆さん意識はないとはいえ朝は全身清拭から始まってました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 すぐに婦長さんに呼ばれ、清拭に入ることに。意識がないとはいえプライバシーがあるので、きちんとカーテンをしめて いざ清拭開始。40台男性でベジ状態が1ヶ月くらい継続している患者だそうだ。

 病衣を脱がせおむつを外した瞬間、超勃起しているペニスが出現。あとで脳神経外科のドクターに聞いたのだが、意識がなくても体はストレスを感じることと勃起は意識がなくても生理現象でなることを聞いた。

 婦長さんが一瞬「きゃっ」と小さな悲鳴をあげた。「ん~50代の女性もこのペニスの大きさにはびっくりするんだね・・」ちょっとかわいいかも・・「ん~それにしても すばらしい勃起ペニス・・亀頭も全開に膨らんでいる。

 婦長さん「ちょっとキシロカインゼリー持ってきて・・」慣れない現場でどこにあるかわからず、他のナースに聞き、ゼリーを持って戻ったときに、カーテンの隙間から中の様子が少し見えました。一瞬カーテンの中に入るのに躊躇しました。

 婦長さんがうつろな目でペニスをしごいているではありませんか・・ゆっくり覗いていたかったが、現場が現場だけに咳払いして婦長さんに俺がカーテンの外にいることをなにげに伝えてから入りました。

 それからは普通に清拭をおこないましたが、しばらくの間、婦長さんはお尻と太もものあたりをもぞもぞさせていました。手を使わずにオナニーしていたに違いない。


↓他のHな体験談を見る