女は男のエロ次第で変わる生き物

 26歳、独身OL、美香です。29歳、既婚の亮に、なかば強引に処女を奪われて以来、暴力的なセックスを好む亮に調教されてきました。セックスをしながらいじわるな言葉攻めを亮にされると、最初いやいやながら恥ずかしい恰好をさせられるものの、最後には燃えてきて。

 どんどんエスカレートしてきました。そして激しく燃え、悶えてしまう自分がいるのです。最近覚えた、バイブを下のお口にいれられ、上のお口に亮のモノをくわえ・・最後に、亮のモノを下のお口に入れられたとき


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

「美香、おまえ、もうオレ一人じゃものたりないだろ」と亮が言いました。「・・え・・?」喘ぎながら亮以外の男を知らない私はなんのことかわからずにいました。「お前のこと、もう、センパイに話してあるんだ。すげーいい淫乱ないい女がいるってな。次会うときは3Pするぞ」

「ああっ、いやっ!」亮はいやらしいことを私に次々と要求してきます。しかし、亮は燃えてる私のあそこから自分のモノを抜こうとし「あっ、いやあ、ぬいちゃイヤ!」「3pするのかよ!」「いやあっ」「ほら、全部抜くぞ」「ああーん、あはーん、ぬいちゃいやあ、する、3pするから!入れてえーん」

 と懇願するしかないのです。突かれながら「3Pって・・どんなことをするの・・」と声も絶え絶えに聞く私に「お前を感じさせて男二人で遊ぶんだよ」と。「もっともっとお前をかわいがってやる」と、強く抱きしめられると、愛されている、という気がするのです。


↓他のHな体験談を見る