女には怖い浮浪者達の卑劣な行動

 私は今年の春に、田舎の短大を卒業して都会のデパートに就職しました。ちょうどその日は棚卸の日で残業で遅くなり、駅に着いたのは9時を過ぎてしました。疲れていたせいもあり、早く家に帰りかったので、いつもは通らない公園の中を通って帰ることにしました。

 そこは浮浪者がたむろしているのは知っていましたが、走って駆け抜ければ大丈夫だと思い、公園の出口にさしかかり、ほっとすると、いきなり後ろから口を手でふさがれ、数人で持ち抱えるようにして公園の隅にある小屋のような所に連れ込まれました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 中では浮浪者たちが酒盛りをしていて、私を見ながらニヤニヤしていました。一人の男が私に向かって、酒の酌をすれば何もしないというので、私はだまって酌をすることにしました。

 しばらくしてから、もう一人の男が「姉ちゃん、俺には別のしゃくをしてくれないかと」と言い、私は何のことか分からないでいると、男はさらに「 別のしゃくだよ、尺八だよ、フェラチオしてほしいんだよ」フェラチオの意味は知ってましたが、いままでそんなことをしたことはありません。

そして、その時私はまだ処女でした。青ざめて震えている私の前に男が来てズボンを脱ぎ、下着を脱いで男のものを私の顔の前でさらけ出しました。ものすごい悪臭とおぞましさから顔を必死で背けると、数人の男たちに顔を無理やり男のものに近づけさせられました。

「いやっ」私は必死で口を閉じて抵抗していると、平手で数発はたかれました。あまりの恐怖に、私は男のいうとおりにしようと思い、目をつぶり口を開きました。男のぬるぬるした物が私の口の中に入ってきたとき、気持ち悪さから男のものをすぐに吐き出してしまいました。

 男は私の鼻をつまむと、再び、それを私の口にねじ込んできました。男は最初は楽しむ様に、私の口の中に出し入れしていました。 自然と涙が出てきました。やがて、男の息遣いが荒くなり、私の髪の毛をつかんで前後に激しく揺さぶり、男の「ウッ」という声と同時に口の中に精液をだされました。

 必死で男のものを口から出そうとしましたが、髪を捕まれまま、どうすることも出来ずに、男の精液を無理やり飲まされました。興奮した男たちは、次々と私にフェラチオをさせて精液を飲ましました。

 次に私は、数人の男たちに手足を押さえつけられて全裸にされて、口にはタオルを押し込まれ、必死で抵抗する私のだいじな所に、男のものをいれられました。あまりの痛さに体がのけぞり、血がでました。

 男達は、私が処女であることが分かると、歓声を上げて次々と私のなかに入ってきて中出ししました。男たちから開放されたのは、朝方ちかくでした。私は、そこには住めなくなり引越ししました。 あの日の悪夢を思うと自然に涙がでてきます。


↓他のHな体験談を見る