銭湯の番台中年男の視線

 大学3年の春、女子寮を出てアパート住まいを始めたのですが、お風呂が付いていなかったので銭湯に通うことになりました。近所の銭湯の番台には中年の男の人が座っており、その人の見ている前で全裸になることには、初めて銭湯に行った日から何かゾクゾクするような気分を感じました。

 ある日、脱衣場で全裸になった丁度そのとき、番台の男の人と視線が合いました。私の方をジッと見ていたのではないと思いますが、次の瞬間、ジワーとしたものがアソコから垂れてくるのを感じました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 それからというもの、他の銭湯でも番台に男の人が座っているのを見ただけでアソコが濡れてくるようになりました。アパートでは、番台から男の人に全裸をジッと見られている様子を想像しながら、オナニーしていました。

 卒業後は超多忙な外資系企業のOLになり、お風呂付きのアパートに引っ越したのですが、それでも暇を見つけては銭湯に通いました。学生時代にすでに処女を捨てていましたし、OLになってからも付き合っている彼はいましたが、それでも銭湯での私の性癖は治まるどころか露出趣味にまで進化しました。

 全裸で前も隠さず番台にシャンプーを買いに行ったり、番台からアソコが見えるように、脱衣場でわざと上体を深く屈めたりしました。実際に試してみると分かりますが、お尻を番台の方に向けて上体を深く屈めると、番台の男の人の視線を感じます。

 見ていない振りをしていても、やはり女性客の裸を見ているのです。そんなときは、アソコが愛液で溢れるようなスリルと快感を覚えました。他のお客さんもいる銭湯ですから何事も起きませんでしたが、アパートに帰ると、

 番台から降りてきた男の人に脱衣場で後ろから挿入され、乳房を揉まれながら中出しされて、白濁の精液が床に垂れる場面を想像しながらオナニーしていました。

 女湯で全裸になったところを番台の男の人に襲われ、籠に縛られてヘアを剃られ、フェラ・顔面射精・クンニ・生ハメ・中出しされるというストーリーのAVなら只でもいいから出演して、男優さんに実際にされてみたいなんてこともよく夢想しました。

 上司の紹介により、20代後半で今の主人と結婚しました。主人は精力絶倫な人で、結婚当初は毎晩のように求められ、オルガスムスを体験したことで、私の妄想癖もかなり治まったようです。

 しかし今でも、上体を深く屈めた私の股間から剥き出しになったアソコを番台から男の人が覗き込んでいる様子を想像すると、愛液がジトッと垂れてきます。そんなとき一人で耽るオナニーは、主人に抱かれているときとはまた違うオルガスムスを感じさせてくれます。


↓他のHな体験談を見る