軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

 軽い冗談のつもりで、指定した時間や条件を書き込み・・とあるトイレを指定した。化粧なし。女装コスプレをして手足のみを処理し、アナルプラグを装着したまま、マスクやコートと着て男性として、とあるトイレに向かった。

 トイレの個室に着くと、コートを脱ぎ、入口ドアにお尻を向けて、四つん這いになってスタンバイしていた。体型もポッチャリで不細工だし。お尻も綺麗ではなかったので、どうせ来ないだろうと思っていた。(外見の面では書き込みで詳細に説明していたので)


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 待ち合わせ時間から30分過ぎた頃、全く音沙汰ないので、帰ろうとしていたときだった・・コンコンとドアを叩く音が聞こえた。まさかと思いスルーしたが、もう一度コンコンとドアと叩く音がした。

 私は「合言葉は?」と事前に指定した条件の一つ。合言葉を聞いた。すると相手は「○○○」と正解を答えた。ドキドキしながらドアの鍵を開ける。恥ずかしいので、顔は見られないように四つん這いのまま相手の様子を伺った。

 プラグを外し、汚いお尻を見て帰ってしまうことも自負していたが、男はドアの鍵を閉め、私のお尻を撫で回した。それだけではなく、ムチっとした私の太ももも、いやらしい手つきで触れてくる。思わず声が漏れてしまうほど興奮してしまう私。

 男はアナルに入れてくるかと思っていると、チンポを私の顔に近づけてきた。化粧した私の顔を気にとめる様子はなく、チンポはギンギンにいきり勃っていた。私は男のチンポを咥え、夢中になってフェラをした。「ジュポジュポ」といやらしい音を立て、興奮は増すばかり。

 初フェラであったが、だからこそ気持ちが変になっていった。ある程度のおしゃぶりが終わると、再び男は私の後ろについて、チンポをアナルに当てると「ズズッ」とゆっくりと、ゆっくりとチンポをアナルに埋めていく。私の挿入されていく気持ちよさに「ああっ!」と声に出してしまう。

 最初はゆっくり、そして徐々に激しいピストンを繰り返す男。突かれる度に「アン!」「アンッ!」「アァ~」と喘いでしまう私。オナニーするよりも感じてしまい。とても気持ちがよくてたまらない。

 男はそろそろイキそうなのか、ピストンをさらに早める。私は経験したことのない未知の快感に、思わず……「中で出して孕ませて!」と言ってしまいました。そして「ビュッ!ビュッ!ビュッ!」と溜まっていたのか大量の精液を私のアナルに注ぎ込んだ。私も「アァァッッ!!」と絶叫してしまい、イッてしまった。

 男はチンポを引き抜くと、息を荒立てながら「いいアナルだね」と褒めてくれた。精液がアナルから垂れ、私は高揚状態のまま、興奮が収まらない。私はアナルを指で拡げ「もう一回しよ」といい、男もまたチンポを挿入し二回戦に突入。冗談のつもりが、アナルセックスにハマってしまった私。

 その後、四回戦までいき、アナルは精液まみれで、私もアヘ顔に近いトロ顔をしていた。男は連絡先を残し出ていく。さて、これで終わり・・と思っていると、再び「コンコン」とドアと叩く音が・・もしかしてと期待してしまった私は合言葉を聞き、新しい男が入ってきた。

 男はすできギンギン状態であり、間もなくチンポを強引にねじ込んできた。きっとさっきまでの行為を聞いていたのだろうと思う。そして、3人の男が、私がいるトイレに入ってきた。完全に輪姦状態で。お口もアナルも塞がれた。

 私のお口の中に大量にミルクを出し。おかしくなった私は「美味しい~」と言いながらミルクを飲んだ。そしてアナルに中出し。これらを交互に繰り返し、私は完全な肉便器と化していた。

 さらに続けて3人の男が入ってきて、さらに輪姦。私は「アヘ・・アガッ!アハ~」と意識も虚ろのまま犯された。もう完全なアヘ顔となり、輪姦が終わる頃には、全身が精液まみれになっていた。

 その後も、喪失感で動けないでいる私。綺麗にしてなんとか家路に着きましたが、あの時の興奮と快感が忘れられず、一定の周期と男たちで輪姦されています。もう逃れることはできません。今はその日だけ肉便器として活動しています。とても気持ちいいです。


↓他のHな体験談を見る