「背中を流しましょうか」と美人の奥さん

 半年ほど前のこと、会社の出張で行った事業所の近くに学生時代の友人が住んでいた。夜、ご馳走するとのことで、仕事が終わってから彼の家に行った。

 美人の奥様の手料理、それにお土産で持参した銘酒とワインでアルコールも程よくまわり、昔話、近況、お互いの連れ合いとの出会い、なりそめなど、話が弾んだ。その夜は彼の家に泊めさせてむらった。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 翌朝、私は彼の家の近くの駅の昼近くの電車に乗ることになっていた。彼は不通の出勤で朝8時頃出かけた。「電車は昼頃だな。ゆっくりしてくれ」彼が出かけた後、奥様が

「昨日の夜はよく飲みましたね。お風呂を沸かしているから朝風呂はいかがですか」「それはありがたいですね。では遠慮せずに朝風呂を楽しまさせて頂きます」

「風呂に入っていると戸が開いて「背中を流しましょうか」「ええっ、いやそんなこと」「遠慮なさらずにどうぞ」奥様が裸で入ってきた。かすかに小麦色ではあるが白い肌。大きな丸いお乳。

 ピンと上を向いたかたちのよい二つの乳首。それに黒々と茂る陰毛を全く隠しもしないで入ってきた。とたんに物凄く勃起した。まず後ろに回り、背中を流してくれる次に前に回り、膝たちになってタオルで胸を洗ってくれる。膝立ちだから彼女の胸も陰毛もよく見える。

 私の勃起したペニスも洗い始めた。「まあっ、大きくてすごく硬いおちんちんですね」「こんなことをしていただいて、ご主人に申し訳ないです」「あらっ、うちの主人の大事なお客様でしょ。大切にもてなさせていただきますわ。それに今日は安全日なの。安心して生のおちんちんで楽しんでいただけるは。じゃあ、上がって寝間に行きましょうか」

 バスタオルで体を拭いてくれた。勃起したペニスも。まるでソープランドに行ったみたいだ。「お蒲団を用意してあるから待っててください。すぐに行きます」素っ裸で蒲団の上に座り待っていると彼女が全裸で部屋に入ってきた。

 たまらず立ったまま抱きしめディープキス。舌を絡め会う。甘酸っぱい味と匂い。そのまま下に移動し乳首を吸う。さらに下に移動し、お腹の下の陰毛をかき分ける。よく茂った陰毛の下の割れ目。

 彼女を蒲団に押し倒し、さらにディープキス、乳首を吸い、閉じた両足の陰毛を掻き分け陰裂を愛撫。両足を開かせ、押し広げた陰唇の中を舌と指で愛撫、さらに上からシックスナインで陰唇を愛撫。彼女も勃起したペニスを口にくわえ舌でころころ愛撫してくる。

 たまらなくなり、彼女の両足首を持って大きく広げ、小陰唇に亀頭をあてがい、スライドさせ、それからグイッとペニスをゆっくり押し込んだ。「ああっ」とかすかな声を上げ、悶える。ゆっくりとピストン運動。いろいろ体位を変える。

 体位を変えるとき彼女は積極的に応じてくれる。最後は正常位で大きく広げた両足の付け根、陰唇の奥深くに早いピッチでペニスを押し込み射精。射精してから、ペニスを挿し込んだままぐったりしている時間は気だるいが気持の良いとき。やがてたわいも無い会話をする。

「奥さん、思いもし無かったけど、奥さんとこんなに楽しめ幸せです」「私も、こんなに興奮して嬉しい時はめったに無い。幸せ」「奥さん、私のおちんちん、また大きくなり始めました。もう一度してもいいですか」

 彼女はこくんと頷く。そのままゆっくりとピストン運動を始め、体位もいろいろ楽しみ、また熱い射精。結局時間の許す限りで、抜かずの3発。友人には悪いことだったかな。でもあいつもこんな奥様に毎日、ペニスを差し込んで射精しているのだ。幸せなやつめ。

 その日のうちに家に戻った。夜、妻と、またセックスした。結婚してからは毎日1回しかしてないが、この日はかなり興奮したのかな。独身の若い時のように一日に何回したのはこの日だけだ。


↓他のHな体験談を見る