夜のコンビニにたむろしている連中

 夜のコンビニ前でこれまでと変わらず連中らがたむろして、餓鬼のごとく書き込もうなどとぼやいてバカ笑いを闇夜に響かせている。書き込みと言えばトンネル内のスプレーによる落書きの書き込みが後を絶たず、消しては書き込むといういたちごっこが続いている特定の場所がある。

 話題は変われど連中の頭の中の水準は、相変わらずの下世話話に大いに華を咲かせているところでとどまっている。その元はと言えば連中にも主にも関係のない、頭でっかちな奴自身の身から出た錆的なところにある。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 連中たちの騒ぎがいったん始まるとその下世話話だけで30分くらいは続いている。主は異なるが、連中は反社会的存在。例の頭でっかちにも用はない。十数年に一度思い出すかどうかという頻度では、普段から全く気にも留めていないのも同然。

 いい気になって書き込んだり書き込みたがっているかどうかは、格の違い。この格の違いは品性の質の善し悪しに通じる。何だったか、としばらくの間思い出さなければいけなかったあたりが、完全に吹っ切れているところ。

 今更かしがましく言うことではない。かしがましく言っているのは連中や頭でっかちだけなのも後から解った。書き込んで何が言いたいのか、何がしたいのか、まったくばかげている。書き込まずにかしがましく毎晩好き放題にいい気になって言いまくっている連中らこそ下劣であることに気付いていないようだ。

 頭でっかちのほうは8年前とはまるで開き直ったように言っていることが逆になっている。8年前に言ったことは何だ?というほど正反対になっている。いまさら言ったところで何がどのように良くなるのか。

 良くなるならば自然と聞く気になるものの。連中と関わりがあり自らの子が二人ともアレな土建のファーザーもな。大概解っている。試金石とも言うからな。本当の品性はいくつかの出来ごとのなかで以下にそれを対処するかに係っている。

 これは、本当の品性のため。日ごろから何もなければ、何も変わることはない。


↓他のHな体験談を見る