引越しの手伝いは主に力仕事でしたが

 土曜日から日曜日にかけて、朱美の引越しを手伝った。大学を卒業して働ので、勤め先の近くのアパートに引っ越すと言うわけだ。アルバイト先で一緒だった俺が、力仕事を頼まれた。といっても、重いものって、冷蔵庫と洗濯機くらい。

 それを業者さんと一緒に、軽トラックへと運んで、業者さんの車に同乗して、新しいアパートまで運んで二階に上げる、そんなたいした仕事ではないが、キッチン周りの整理に土曜日中かかって、今日は朝から引越しだった。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 荷物を新しいアパートに運びあげて、業者さんが帰るとき「いいねえ、若い新婚さんは、狭い部屋ほど仲良くなるってもんだね」なんて言って行くもんだから、俺たち顔を見合わせて…だって、バイト先でいっしょなだけで、朱美には他に彼がいると思っていたから。

「どうしたんだ、彼は手伝いに来ないのか?」「別れたの、卒業よ…」「へーェ…」俺は口の中がカラカラになっているのに気がついた。「どうして?」「いいじゃない、それよか、私たち、新婚に見えたのかな…」「エッ!あのおっさん、どこに目つけてんのかな?」

 そう言いながら、どづ反応していいか分からなかったから、片付けを始めようかと、何気にプラスティックのケースを開けると「だめぇ~っ!」「エッ!」そこにはカラフルな朱美のパンティーがぎっしり入っていた。

「可愛い~っ!」「いやだぁ、恥ずかしい…」「これで彼と愛し合っていたの?」「そんなこと、聞かないで!」朱美が、プラケースの引き手にかかっている俺の手を押そうとする。次の言葉は自分でも意外だった。「見たい!朱美のパンツ!」朱美の手と俺の手が重なったまま止まる。

 俺は向き直って、朱美の口を俺の口でふさぐ。ぬめっとした感触で、舌が差し込まれてきた。すばやく俺は朱美のジーンズのファスナーをおろす。「穿いて…いるのを…見たい?」朱美の声が切れ切れだ。「うん」と言って脱がそうとすると、何も抵抗、好きだから…したい…」朱美を畳のうえに横にする。

 ピンクのレースで縁取られたナイロンのパンティーが、チーズのような匂いとともに目の前に晒された。「いい匂い…」「いやっ恥ずかしい、昨日お風呂に入らなかったから見ないでZ!]すばやくパンティーの上から息を吹きかける。「あはぁ~っ」指で筋を撫でる。「ぁあはぁ~んっ!」口を口で塞いで舌を絡ませる。

 指でパンティーの、わずかに肉が高まっている筋を撫で続ける。ジュワァ~ッと染みが広がる。「感じる?」「恥ずかしい、汚いから…お願い…これ以上…だめよ」「きれいだよ」「タカ、汚れるよ」「朱美のだもん、きれいだよ」俺はパンティーを脱がそうとすると朱美も腰を浮かす。

 朱美から脱がせたジーンズと俺のジーンズを俺の膝の下に敷く。そうでないと畳で膝が怪我をする。「慣れてんのね…」朱美が言う。「私、あんまり慣れてないの」「うん、愛してる、ずうっとだよ」と言いながら、朱美の一番美しくて、一番汚れているピンク色を舐める。鰹節の匂いにワキガの臭いが混じった感じだ。

「はァっ、だめ、汚いからお願い、恥ずかしい…」指を入れると、泡だった白いものが絡まってくる。「ァア~ンッ」「入れるよ」「恥ずかしい…」俺は朱美の脚を持ち上げて、ギンギンに直立したちんちんを無理やり押し下げて、狙いを定めて、ブニュッ!

「あんッ…お…おっきいっ」「締まっている、処女みたいだ…」「うん」ピストンを始めると、べっちょ、ペタン、ぶちょ、ぺたん、そこに朱美の可愛らしい「あん、あん、あん」がかぶさってくる。まるで音楽だ。大学のバンド・サークルでヴォーカルをとっていただけのことはある。それに、胸は小さ気味だけどやっぱり可愛い。

 朱美の脱がせたパンティーを見ると、クロッチの裏側は黄ばんでいて、鼻に近づけると匂いがひときわ立つように感じた時、俺に絶頂が近づいた。「朱美、行くよ!、行くよ!」「いいよ、いいッ…よ、ぁはん、私も気持ち…アン…いいッ」

「アケミィッ、アン!」ビュッ、ビュッ、ビュッ、ビュッ、そして、ンギュっ、5波の射精だった。くすぐったくなったので、ちんちんを抜くと、朱美の脚の付け根を白く濁った液が、新しい畳の上へと垂れてゆく。「畳、汚しちゃったねえ」

「いいの、タカのだから、また汚しに来ていいよ」「うん、大好き」と言って、朱美のオマンコに鼻をつけた。凄い匂いがして…それを味わいながら、鼻の頭でクリトリスをぐりぐりすると「あん、また感じて…あん、離れられなく…なるう…」

 結局、もう一回、中だしして、汚れたパンティーを土産に、さっき自宅に戻ってきた。家族に顔を合わせるのが気恥ずかしィ感じがして、すぐに自室にはいった。パンティーをコンピュータの前において眺めていると、また股間がもっこりしてくる。

 明日また、朱美に会いに行こう。「今晩はちゃんとお風呂に入るから、また明日ね」って、帰り際に声をかけてくれた。それまで我慢できるかな、今、パソコンに打ち込んだだけで、パンツがグッチョりになっている。また抜きます。


↓他のHな体験談を見る