会社の誰もいない給湯室はエロ室

 初めは軽いセクハラで済んでたんです。課長さんなのですが。呼ばれて書類持って行った時に「ありがとう」と言いながらボールペンで制服の上からなんだけど、乳首当たりを円を描く様になぞってんです。

「弾んでるね~若いっていいね」と。びっくりしました。(エロじじい!とその時は心の中でだけ叫んでました)残業で一人残ってると背後に気配を感じ振り向くと課長が。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

「がんばってくれてるんだね。ありがとうね」と言葉を掛けてくれたのはいいんですが…。後ろから肩をポンと叩かれたかと思うと、その手が胸に降りて制服の上からだけど胸を下から持ち上げたのです。

「ひぃぃ~」「かなり大きいね、Gカップくらいありそうだね。生をみてみたいもんだ」と。その日はそのまま帰って行きました。次の日は残業にならないように昼も取らずに頑張っちゃいました。定時に上がろうとしたら課長に今日中の仕事をどうしてもあげてくれと、頼まれて断れずに引き受けました。

 終わったのが8時回ってて帰ろうとしたらお礼に食事を誘われました。断れずについていきました。高そうなお店で料理は美味しかったんですが、お酒も飲まされて。お酒苦手だったんです。意識が飛んでしまいました。気がついたらベッドの上で寝ていました。

 服は脱がされてて。枕もとに裸の課長が立っていた。「ひいぃ!」「君が勝手についてきたんだよ。俺は無理やり連れ込んだわけじゃないからね」と。いい眺めだったよ。寝ていても盛り上がってるおっぱいは久々だよ。私はタオルケットを体中に巻きつけガードしました。

 寝てる間に何されてたんだろうと不安になりました。「寝てる間、感じなかったかい?」と。「抵抗されないと私も感じないんだよ」と私ににじり寄ってきました。

「やめて下さい!」と抵抗したら口をふさがれました。課長の舌が私の舌に絡んできた。体を離そうと必死に抵抗しましたが、タオルケットを引きはがされベットの上で重なる感じに倒れこんでしまった。

 身動きが出来ないまま体中撫でまわされました。「おっぱいが大きい子は大好きだよ」と顔をうずめてました。顔を右に左に。私は恐怖で気が狂いそうでした。課長に火が付いてしまいました。

 課長のこんな姿なんて見たくもありませんでした。私のアソコもべろべろ舐め始めて、左右の襞を指でつまんで広げながらその中まで舐めつくしました。

「こうなってるんだね、君のおマンコは、もうジュルジュルだよ~、好きなんだろセックス、チンチンを入れてもらいたいって言ってるよ」と下品な言葉で私を辱めました。

「そんな、やめて下さい」九の字にさせられてその態勢で挿入されました。「ああああぁ~」課長の肩に片足を乗せるような厳しい体位で何回か入れられました。

 この恰好を写真に撮っていたようです。三脚につけられたカメラが私の目の中に。リモコンで好きな所を撮ってるようでした。バイブでも弄ばれました。最後には中出しもされて。

 会社を辞めようとも思いましたがせっかく社員で入ったのに。何度も課長のペニスを受け入れながら明日の生活の事を考えていました。「この事誰かに言ったら君の写真も世に出ることを覚悟しなさいよ」と。

 と言われて、誰にも言えないまま、日々が過ぎています。今夜も帰り際、誰もいない給湯室で犯されました。


↓他のHな体験談を見る