膣内射精を叶えてくれた熟女

 出会い系で年上の女性と仲良くなりました。お互いがバツイチで、僕は年上の女性を、彼女は年下の男性を希望していて、メールやり取りの開始から出会うまでに数日でした。

 指定のファミレスで顔合わせ、お互い好みのタイプで、話も弾み、休日前ということもあり、自然と僕の部屋にむかい、すぐさまセックスを楽しみました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 10才年上の熟女さんとは何も隠す事も、特別気を使うこともなく、僕の性的な欲求を全てさらけ出すことができてこれまでで最高の快感を味わえました。何せ僕のものはとてもほめられた代物ではないばかりか、

 経験人数も10人位で、セックス自体も数十回で、しかもいいとこ挿入から射精まで10分前後と、出会う女性に申し訳ないお粗末な状況。女性を満足させるには程遠い僕に、彼女は「好きなように、自分のペースでしていいよ。とても気持ち良かった」と、優しい言葉をかけてくれたのでした。

 彼女の身長は165センチほど、熟女らしい肉づきの90センチ以上ある大きなヒップ、くびれの上部にはお椀形のDカップの乳房と申し分ない身体を僕は毎週金土日抱くことができました。

 60キロの女性に75キロの僕が体重をかけて、厚めのスキンを付けて射精感をこらえながらゆっくりと抽送・・・こんな事だから、これまでの過去のパートナーたちは「重い。」とか言われたり、

「早っ・・」と言わんばかりの無言でのプレッシャーとか、前戯で時間稼ぎじゃないけど、雰囲気出そうと「会いしてるよ。」とか囁くと、「うるさい。」と言われたり、早漏克服どころの話じゃありませんでした。

 しかし彼女とセックスをするようになってからはじっくりとマイペースで、逝きそうになったら抽送を止めて彼女の上身体の力を抜いて射精感がおさまるまで休んで、また思いっきり抽送、というようにストレスなくセックスに集中できるからなのか、

 回を重ねる毎に逝くまでの時間が20分、30分、40分そしてついには1時間以上ピストン運動が行えるようになりました。付き合い出して半年程での達成に当然彼女も喜んでくれ「強いね!」と言ってほめてくれたのです。

 そしてセックスに少し自信が持てた僕は、彼女に熟女好きのもう一つの理由を打ち明けることができたのです。「膣内射精をして見たい!」と。彼女は真剣に僕の気持ちを聞いてくれました。身勝手な欲求だけど、怒らずに聞いて欲しいと、前置きし、僕の持論を語りました。

 更年期を迎え、生理がなくなったのなら、女性は妊娠の不安から開放され性浴が増すというが、もしA子に生理が無いのなら、僕はどうしても年上の熟女の膣内に、思いっきり自分の精液を射精してみたい、

 半年で離婚した不倫元妻にもたった数回しか膣内射精してなくて、男のプライドも取り戻したい、A子とは常に中出しセックスをして僕の女になったというしるしにしていたい、絶対浮気はしないし、

 僕の精液はA子にしか注がない、毎週必ず、1週間分の僕の全ての精液をお前だけに注いで、A子も10歳年下の若いミネラルを子宮に毎週受け止められて、お前の友だちの中でも、毎週セックス、しかも中出しされてる幸せな女性はいないでしょう?と。

 最後まできいていた彼女もうなずきながら心よく了承してくれた。聞けば、これまでの男性経験ではスキンのない時は膣内で受け止めていたというが、生理があるときは不安だったとのこと。

 しかし僕と付き合った頃から生理がなくなってきていたし、望まれれば受け止めたいと思っていたというではないか。それからというもの、毎週末A子の膣内に僕は思いっきり射精し続けている。

 そして2年半、140~150回は膣内射精をつみかさね、毎回1時間熟女の生の膣壁に勃起した陰茎を挿入しとことん抽送。一汗かいてから子宮口手前に一滴残らず射精、熟女の気持ちも満たされ幸せなセックスライフを過ごしています。

 皆さんはきっと十代でとっくに経験を積んでいて、今頃?いくつで?と思うでしょうね。僕は今40代。美しい熟女さん最高です。


↓他のHな体験談を見る