痴漢さんからセフレさんに

 これは私が18の時の話です。その日私は彼氏とデートの約束をしていて、電車で待ち合わせ場所に行っていました。時間帯的にも満員で私はドアのちかくで立っているしかありませんでした。

 電車にのってから5分くらいたった頃だと思います。急に誰かにおしりをさわられ始めました。どうしよう、痴漢だ・・と思っていましたが、抵抗出来ずされるがままにさわられていました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 するとどんどんと手がスカートの中に入ってきます。私はおまんこがグショグショに濡れていました。男の人の指がとうとうわたしのおまんこをさわりはじめました。「んっ…」えっちな声が出てとても恥ずかしくなりました。

 でも、気持ちよくて…。そのままさわられていました。もう逝きそう…と思った頃です。急に男の人の手が私から離れました。そして「お金あげるから、またしてほしかったら連絡して…。」

 と言って、わたしのおまんこのなかにアドレスがかいてある紙を入れてどこかへ言ってしまいました。そのあとわたしは、デートだと言うことも忘れ、すぐに男の人に連絡しました。

 その夜、ホテルに呼び出され、私はもちろん行きました。「やっぱり連絡してくると思った」男の人は笑いながら言いました。「なにをしてほしいの?」わかってるくせにずるいことを聞いてきます。

「えっちなことしたい…。」「聞こえないよ。もっと大きな声で言って。」「えっちなことしてくださいっ」彼は相当なSで、面白がっているみたいでした。まず、おちんぽをしゃぶってあげました。

 私は初体験だったんですが、上手にできたらしくほめてもらえました。今度は彼が私の胸をさわっておまんこを舐め逝く寸前まで吸ったりしました。入れてほしい…とおもいました。でもそう簡単に入れてくれるような人ではありません。

 わたしは、我慢できず「入れてください…」と言ってしまいました。「何を何に入れてほしいの?ちゃんと言ってよ」やっぱりイジワルなことを聞いてきます。

「翼さまのおちんぽをわたしのえっちなおまんこに入れてください…」すると彼はためらうことなく、生でわたしのおまんこに入れました。「あんっ」いやらしい声が出るとなおさら面白がって、動きが激しくなります。

「あっ、あん、あぁんっ…!!」気持ちがよすぎておかしくなりそうでした。でも、逝くギリギリになるとうごかすのをやめました。「逝かせてください…」そういうと、また動かしながら「なに?」ときいてきます。

「いっ、入れてっ、あん、くださいっ!!」わざと言いにくいように激しく動かします。こんなことを何度か続け、そのあと別れました。13回逝きました。彼氏には、その事は秘密ですが今でも時々あってやってます。

 すごくいいセフレになってくれました。


↓他のHな体験談を見る