上玉な女と出会える出会い系

 引き締まったプロポーションとしまりのいいキツい締め付けといい、整った顔といい、たわわなおっぱいといい、奇跡のような上玉だった。出会い系で会った朋美とは、セフレとしてたびたびSEXする関係だった。

 ホテル代や食事代などの費用を負担してもらえることを考えると、風俗なんてアホらしくなるくらいのすばらしい相手だ。こんな出会いがあるのもまさに出会い系ならではだと思う。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 待ち合わせ場所で待っていると、朋美の運転するシルバーのベンツが止まった。いつものように助手席に乗り込むと、後ろの席に朋美とはタイプの違う清楚な感じのショートカットのお姉さんが乗っていた。

 スポーツ選手かジムのインストラクターといった雰囲気のその女性は、俺をみるとにっこりと微笑んだ。「今日は3Pしましょ?」朋美はさらりというと、つややかな唇を舌でぺろりと舐めた。

「彼女はユカリさん。ステキなおっぱいと感度のいいおまんこをもってるわ。」「あなた、すごくいいちんぽをもってるんですってね。期待してるわ。」朋美もユカリさんも、上品そうなきれいな顔で、いやらしいことを平気で口にする。

 俺はホテルに着くのが待ちきれなくなった。「ちょっと味見する?」朋美にいわれて、俺は後部座席に移動した。ユカリに抱きしめられて、濃厚なキスをする。にゅるにゅると舌が口の中をまさぐり、俺は朋美とは違ったキスの感触を楽しんだ。

「ねえ、フェラチオさせて?」俺はちんぽを取り出し、ユカリにフェラチオしてもらった。ユカリのフェラチオは繊細で丹念だ。やわらかくあたたかい舌があますところなく、ちんぽを舐めまわし、カリや裏筋、根元までていねいになぞられる。

 唇でちゅっとキスをしては、れろっと舌で舐められるのも気持ちがいい。玉袋を舐められているうちに、ラブホテルに到着し、俺たちは部屋に入った。いっせいに服を脱ぎ、三人とも全裸になる。

 朋美のスタイルのよさはもはや見慣れたものだが、ユカリの肢体もまた、すばらしい完成度の高さだった。つんと上を向いている形のいい美乳はボリュームもかなりのものだ。

 きゅっと引き締まったウエストに、長い脚。俺がユカリにみとれていると、後ろから朋美が抱き付いてきた。やわらかなおっぱいが背中に押し当てられ、すっかり勃起しているちんぽが朋美の手の中に包まれる。

「ほら、ユカリ、ちんぽ咥えてもいいわよ。」ユカリがひざまずき、朋美の手で根元を支えられた俺のちんぽを口の中に咥え込む。ちゅぶちゅぶとゆっくり出し入れされると、俺のちんぽが精液の放出を求めて脈打つ。

「ユカリが嬉しそうに、あなたのちんぽ、しゃぶっているわよ。」俺のちんぽを咥えこんでいるユカリの表情は、うっとりとしていて上気している頬がいやらしい。朋美は俺の背中に、勃起した乳首をなすりつけながら、俺の小さな乳首をこりこりと指でいじった。

 俺は手を後ろに回し、朋美のおまんこをまさぐった。なにもしていないのに、すでにぬれぬれのおまんこは俺のちんぽを待ちわびているらしい。「私からいただいていいのかしら?」やっとちんぽから口をはなしたユカリが、口のはしからよだれをたらしながらつぶやく。

「あら。交互に入れてもらいましょ。」朋美を手マンで責めつつ、ユカリに騎乗位で挿入する。俺は変わりばんこにちんぽを挿入しては抜き、違うおまんこに入れた。

 ずぶぶっとちんぽがおまんこに差し込まれると、のけぞったカラダから悦びの声があがり、ちんぽが抜かれるときには、ひきとめようとするおまんこがちんぽに絡みつく。

 隣であがる嬌声にじらされたおまんこは、ちんぽが入ってくると、悦びで精一杯の歓待をしてくれる。はじめて味わうユカリのおまんこもすばらしかったが、何度も味わっていたはずの朋美のおまんこも、普段に増して具合がよかった。

 俺は何度も襲ってくる射精感を耐え、ずぼずぼとおまんこの奥を責めた。「うん・・ああ・・もうイくぅ・・」ユカリがおまんこを今まで以上に引き締め、ケイレンして、脱力した後、ちんぽを抜いて、朋美のおまんこに入れた。

 ユカリのおまんこのしめつけの衝撃から立ち直るために、少しじっとしていると、朋美が自分で腰を振って、俺のちんぽから快楽を引き出す。「あ・・太くて硬いちんぽ・・いいわ・・」

 ぐちゅぐちゅっと結合部からはいやらしい音が響き、きゅっきゅっと断続したしめつけを続ける朋美のおまんこは俺のちんぽを射精へと導く。

「イく・・」朋美の絶頂と同時に、俺のちんぽも限界を迎え、白くて濃い精液をたっぷりと朋美のおまんこに吐き出した。その日は俺の人生の中での1日の射精回数を更新した。


↓他のHな体験談を見る