チョー恥ずかしい局部診療

 24才になります。外陰部に湿疹ができ、薬を付けるのですが治りません。それで、皮膚科の診察を受けました。恥ずかしさと不安でドキドキ!40歳代の優しそうな先生で安心しました。

 症状を告げると「診察しますので、下着を脱いで仰向きになってください」と言われ、パンティーを脱いで脚を立て寝ました。先生が、私の両膝を開いたのですが、その手が震えています。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 震えた手で、陰唇を広げ「あぁ 湿疹ですね」と声も震えている。陰唇を押し広げるように、クリトリスの包皮も下げ「ここにも湿疹がありますね」と、息を荒立てているのが分かる。

 皮膚科の医師でも女性の局部をあまり診ないのかな?と思いました。


↓他のHな体験談を見る