肛門科の痔の検査は人格が崩壊する

 24才になる佳奈です。恥ずかしいのですが、痔が悪く肛門科へ診察に行きました。待合室には男性もいて、見られるのが恥ずかしかった。診察室で、40代のハンサムな先生が「どうされましたか」と尋ねられた。

「2~3ケ月前から痔が痛いのです」と話した。スカートとパンティーを下げ、ベッドに横向きに寝かされた。
手でお尻を開き、肛門を見られている。本当にドキドキ!「悪いですね 詳しく検査をします」と言われ、若い看護婦さんに診察台に案内された。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 「下半身を脱いで、診察台にうつ伏せになってくださいと」と言われた。細い診察台で、顔を入れる所が有り、またぐ様になるみたいです。言われるままに、下半身を全て脱ぎ診察台に乗りました。

 お腹の下で台は終わり、膝を下の台に乗せ、脚を開かれました。もう、本当にびっくりしました。これでは、股間が丸見えです。先生が来て「痛くないので 楽にしてください」と言われたが、恥ずかしくて、返事も出来ません。

「診察台を動かしますよ」と言われるや、股間部分がせりあがり、両脚が開くのです。心臓がドキリと止まりそうです。恥ずかしくて、顔に火花が走りました。先生とあの看護婦さんに、股間を全て見られていると思うと死にそうです。

 肛門の周りにオイルを塗る。「拡張器を挿入しますからね 力を抜いてください 」と、器具を挿入し、肛門を広げるのです。生まれてから、こんな恥ずかしい姿勢は初めてです。あれだけ、股間を広げられると、性器の中も露出したと思います。肛門科は懲り懲りです。


↓他のHな体験談を見る