所長の下ネタに乗った私が悪いのか

 住宅街にある小さな運送屋の内勤作業をしています。35歳になりますが子供はいません。一年前から今の会社に勤めていますが、最近内勤の女性が辞めてしまい、営業やドライバーさんが出てしまうと所長と二人になってしまいます。

 それまではごく普通の会話はありましたが、最近は下ネタも多くなっていました。別に嫌いじゃないので答えたり受け流したりしてたのですが、最近は奥さんとはしてないとか私の主人は上手いのか、とか段々きわどくなっていました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 ある日作業台で包装の仕事をしてる時、やはり下ネタになり「ご主人のを口で逝かせた事はある?」とか「週に何回くらい?」とか聞いてくるんです。

 それも作業している横で「いや~それは・・」「何回って言われても・・」と口を濁していると腰に手を回してきたんです。ヤバイなと思いましたが、作業を続けていると「佐藤(仮)さんって小柄で可愛いよね」

「そんなお世辞言っても何も出ませんよ」「いや、ホントだって。それに何も出さなくていいから・・」と言うと今度はお尻を触ってきました。「だめですよ!誰かに見られますよ!」「大丈夫、誰も来ないって。」確かにこの時間はだれも帰って来ないし、外からは見られないけど。

 こんなにどうどうと触られるといきなり怒るのも大人気ないし、別に嫌悪感まではないしといろいろ考えてました。すると所長は後ろに回り両手を腰に当て、明らかに大きくなった物をお尻の割れ目に押し付けてきました。

 主人のより少し大きいかも、なんて思いながらもこれはやりすぎ!「ダメです!何やってるんですか?みんなにいいますよ!」体重をかけられ作業台に押し付けられて動けませんでした。ただオッパイを揉まれるわけでもないしアソコにも手はこないので、少し位は我慢しようと思いました。

 下ネタに乗った私も悪いし、所長のモノの感触も悪くなかったので。「ごめん、佐藤さんが好みなんだ。我慢できなくて。」「しかたないな~」と言い少しお尻を突き出しちゃいました。

 するとバックでしてるつもりなんでしょうか上下に腰を動かし、私のお尻に固くなった物を擦りつけて来ました。 だんだん息が荒くなってきて(えっ!?このまま出しちゃうの?パンツのなかに?

 私はどうしたら?手伝う?やだ何考えてるの?これはセクハラ?痴漢?レイプ?と余計な事を考えていました。と思ったら。「ああ~ヤバイ!」と言ってトイレに駆け込みました。しばらくして恥ずかしそうに出てきました。

 私は所長の顔を見ながら「間に合いました?」とバカな質問をしてしまいました。「ああ、何とか・・」「驚きましたよ、急に。どうしたんですか?」「ほんとにごめんなさい。溜まってたみたいで、佐藤さん見てたらついムラっときちゃって。」

「いやだ私のせいですか?ちゃんと奥さんにしてもらってくださいね。」と何とかこの日は収まりましたが、ヤバイですよねこの所長。ヤバイのは私?大きさを比べてた自分も反省です。

〖エロ川柳〗 好きなエロ 腰よわくても 定年なし


↓他のHな体験談を見る