大学生の甥っ子達もエロ好き

 42歳の専業主婦です。旦那と子供たちが実家に遊びに行った三連休に起きました。急に旦那の大学生の甥っ子が友人と二人が宿泊代を浮かして、遊ぶ方にお金を使いたいからとのことで家に泊まりたいと連絡がありました。

 私は以前から母と三連休の中日に買い物に行く約束をして家にいるので承知することにしました。当日、夜10時過ぎに甥っ子たちが来て、お風呂に入ると疲れと翌日朝早くから遊びに出掛けると言って寝てしまいました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 翌朝、朝食を取ると元気に出掛けました。後片付けをしていると《風邪を引いたので、今日の買い物キャンセルにして》母から連絡がありました。

 何も用事がなくなったので同じ専業主婦の友人A美に電話すると、ご主人と子供が一泊でプロ野球の応援に出掛けるので一人でいるのも寂しいので、家に泊まりに来ることになりました。

 A美は近くでお惣菜、スィーツなどを買って、4時過ぎに家に来ました。お酒を飲みながら食事をしていると、甥っ子たちが7時に帰ってきたので一緒に飲むことにしました。

 9時になって、みんな酔いがまわってきた時《叔母さんのこと、美人でスタイルも良くて小さいころから、ズ~っと好きだったんです!》甥っ子が急にこんなことを言いました。

 すると甥っ子の友人が《叔母さんの友だちも美人ですよ!》二人で私たちのことを褒めるのです。20歳も年下の男の子から言われて顔を赤くして照れる私たち。「俺。実は童貞で!」いきなり甥っ子が。そして、土下座して。

「叔母さん。俺の初めての相手になってください!」何度もお願いされてしまい困りましたが、甥っ子の腕を持って身体を起こしてあげながら。「そんなこと出来るわけないじゃない。

 冷静になって。お酒のせいだから!」すると私に抱きつき、ソファの上に仰向けにされキスをされオッパイを揉まれたので。

「チョット。ヤめなさい!」抵抗はしましたが、下半身の大事なところを触られると急に力が抜けて《初体験の相手になっちゃうかな?!》酔ったこともあって変な気持を起してしまいました。

「わかったわ。でも、ここではダメ!」甥っ子の手を引いて私のベッドへ向かう時《わかってね。旦那には秘密にして!》A美にそう言うと《仕方ないわよね。こんなにお願いされてはね~》少しあきれ顔で返事をして《ガンバルのヨ!》甥っ子を励ましました。

 甥っ子を導いて初めて女性の中に入ると、アッと言う間に射精してしまいました。「どう?初めての女の人の中は?」甥っ子に聞くと興奮しながら。「ごめんなさい。ガマンできなくて」真面目な顔で謝りました。ベッドで少し横になっていると。

「また、いいですか?」甥っ子が私の上に乗ってきました。三度、射精をした甥っ子と1時間ほどで居間に戻るとY美と甥っ子の友だちの姿がありません。甥っ子とお酒を飲んでいると、二人が戻ってきて《エヘッ!あなたたちのことを想像していたら、こっちも火がついちゃって!》A美が笑いながら言い訳をしました。

 私は眠くなりA美の《片付けしておくから》言葉に甘えてベッドに入りました。夜中に身体に重みを感じて目を覚ますと甥っ子の友人が私の上に乗っているのです。

「何?・・何をしているの?」返事がありません。まだ眠気が残っている私の中に指を入れられてしまい《イヤァ~ン。気持ちイイ》こんな声を出してしまいました。慣れた手つきで感じさせてくれて、自分も満足して部屋を出て行きました。

 横に敷いた布団にA美がいないことが気になりましたが、また寝てしまいました。甥っ子たちが帰り、A美と話を聞いてわかったのですが私が寝た後、甥っ子の友人を私に夜這いさせて、覗き見してから甥っ子と友人を朝まで相手して結局、昨夜、甥っ子を二度、友人を三度、合せて五度満足させたことがわかりました。

 少し自慢されたので《若いわね!》皮肉交じりに言うと《何、言っているの。人のこと言えないわよ!》大笑いしました。


↓他のHな体験談を見る