思い出してもう一度会いたい女性

 学生の頃(20)飲食店でバイトしてた。早番と遅番があって、当然遅番でシフトに入ってた。ある日、次の土曜日の早番が足りないから通しで夜まで仕事入ってくれないか?と店長から相談され、予定も無かったのですぐにOKした。

 早番のメンバーと会話する事はあまり無いが、早番と遅番のシフト交代で挨拶する程度の面識しか無かった27歳の小柄でムチッとした雰囲気のかおりさんと他2人(50代)と一緒に入る事になった。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 昼のランチタイムの忙しい時間が過ぎて14時時頃になると余裕が出来て歳も近い事もあってお互い様子を見るような感じで雑談始まった。「背高いね~、いくつあるの?」「180ですよ」「いいなぁ、ウチの旦那背が低いの」

「背の高さは関係ないでしょう(笑)その旦那さんと結婚されたんだし」「まぁそうよね(笑)結構モテるでしょ?」「そんなことないですよ!モテてたら彼女いますよ…」「彼女いないの!?もったいない」

 こんな感じの会話がしばらく続いて早番の時間が終わり、かおりさんはその日の仕事終了。私はそのまま遅番続行。帰り際にかおりさんはタバコを忘れてしまったらしく更衣室で着替えた後に一旦お店に戻って来たんだけど、

 夏場だったのでジーンズと身体のラインがハッキリ分かるTシャツではち切れんばかりの胸が強調されて「頑張ってねっ」と言われたんだけど、頭の中は仕事どころじゃ無くなってしまった。

 旦那さんはあの豊満なバストを揉んでるのかと想像するだけで毎晩ヌケるくらいの形の良いバストだった。数日後、今度は遅番が足りなくてかおりさんがヘルプで入ってくれる日があった。帰りは21:30頃で家も途中までは一緒の方向だったので、とりあえず一緒に帰る事に。

 やはり夏場なのでかおりさんは薄着だったんだけど、上から見下ろすように見ると胸の谷間が目に入ってしまい会話の内容はほとんど覚えていなかったが、旦那さんが不定休で出張が多い事だけは頭に残ってた。

「ありがとうね!旦那以外の男の人と会話するの久しぶりで楽しかった」と言われかおりさんの自宅近くでその日は別れた。夏休みに入るとまた店長から早番のヘルプの依頼があり、かおりさんと一緒のシフトだったので即OKし仕事したんだけど、かおりさんから

「仕事終わったら予定あるの?」と聞かれ「暇ですよ」と答えると「そうなんだ(笑)」とこの時は良く分からない答えが返ってきた。

 その日はお互い早番だけだったので15時終了で、また一緒に帰ったんだけど、かおりさんの自宅近くになったら「今日暇だって言ってたよね?」と聞かれた。

「暇っすよ」「じゃあウチ来ない?」「旦那さんいるんじゃないんですか?」「今日は遅いって言ってたから今はいないよ」そんな流れでかおりさんの自宅に行く事に。「ちょっと着替えて来るね」そういってかおりさんは夫婦の寝室に入ってしまった。

 待っている間部屋を見渡すと結婚して2年目という事もあり、それなりに仲の良い感じが伝わってくるお部屋だった。「喉乾いたでしょ?何飲む?」着替えてきたかおりさんはショートパンツにタンクトップという誘惑という言葉しか頭に浮かばない格好で現れた。

 目のやり場に困りながら「なんでも良いですよ」と答えると「じゃあビール飲んじゃう?」「旦那さん以外の男の人と2人でビール飲んで大丈夫ですか?(笑)」「1本くらいなら平気でしょ」と冷蔵庫から2本取り出して2人で乾杯した。

 かおりさんが上に乗った状態のまま、特に会話をする事もなく軽くキスをしてお互い見つめ合って笑い、またキスをして見つめ合うといった状況がしばらく続いた。さすがに部屋の中はテレビの画面の灯りだけになり、だいぶ時間が経った事に気がついた。

「今何時かな?」時計に目をやると19時半を過ぎたくらいの時間だった。さすがにそろそろ帰らないとマズイと思い「時間大丈夫かな?」と聞くと私の耳元で「返したくないなぁ…」と言って抱き締めて来た。

「うん」と言って抱き締めて返し、またしばらく抱き合っていた。観てもいなかったテレビの番組も終わりに差し掛かり、「ご覧のスポンサーの提供でお送りしました」の声で何となく区切りがついてお互い名残惜しそうに身体を離した。

 かおりさんはまたブラジャーを着け、V字の形をしたパンティとホットパンツを履き直しタンクトップの裾を両手でピンっと伸ばすと、「さあっ片付け片付け!」とコンビニの袋に缶ビールの空き缶とティッシュに包んだコンドームを入れてとりあえずの証拠隠滅の準備は終わった。

 こんな状況でどんな会話をしたらよいのかよく分からないまま、次のシフトはいつ?とか仕事に絡む話をしながら帰る準備を始めた。

 ゴミ袋を持ち玄関で靴を履き、振り返えるとかおりさんが抱きついて来て私の胸元に顔を埋めたまましばらく離れなかった。私も帰りたくなかったがかおりさんの頭を抱えてあげた。すると時折鼻をすするような音が聞こえて来た。

「なんで泣くの~?」「分かんな~い」と泣いているのか笑っているのか分からない表情で答えて来た。「今日はとりあえず帰りますね」そう言って最後に軽くキスをしてかおりさんの家を後にした。

「またね」かおりさんは微笑みながらそう言うと胸元で手を振って私を見送った。もちろん家に帰った後に思い出しながら自分で数回やってしまった。

 しばらくバイト先でシフトが合う事がない状況が続いたが早番のシフト表にかおりさんの名前があるだけで嬉しい気分になる自分がいた。また早く会いたい。そう思いながらバイトに行くのを楽しみにする日々が続いた。

 しかしここで状況が大きく変わる。関係をもった2ヶ月後くらいにシフト表からかおりさんは名前が消えていた。「???どういう事だ?」動揺を隠したまま平静を装い、店長に聞いてみた。

「あぁ、旦那さんの転勤で辞めるんだってさ。先々月の終わりくらいに言われたよ。まぁ仕方ないな。」辞める?聞いてないぞ!と心の中で思ったが「へぇ、そうなんですか~」と軽く聞き流す素ぶりで返した。

 とにかくその日は時間が経つのが凄く遅く感じた。現在のようにスマホなどで簡単に連絡が取れる手段も無い為、とにかくかおりさんの家の様子だけでも見たい気持ちで一杯だった。バイトが終わり、かおりさんの家の方へ向かったが窓を見た瞬間に身体の力が一気に抜けた。

 既にカーテンが無い状態、要は引っ越した後であった。少しの間、無機質な壁が見える窓を見ていると走馬燈のように記憶がよみがえって来たが、そのままその場を後にした。家に帰り、冷蔵庫にあったビールを飲みながらあの時の事思い出していた。

 ひょっとして泣いていたのは引っ越しする事が分かっていたからか?そう思うと言ってくれなかったかおりさんに対してなんとも言えない感情が湧いてきた。しかし事実は変わらない。

 しばらくは気分的に辛かったが、それは時間が解決してくれた。もう会う事は無いが、今だにもう一度だけ会いたいと思う女性だった。


↓他のHな体験談を見る