要介護のおじいちゃんですがアレは元気

 主人では満足できない私は初めてお金をもらってSEXをしました。相手は私よりも20歳も年上のおじいちゃんで、年齢は70歳で実は私介護の仕事をしていて、私が受け持った家のおじいちゃんです。

 足が悪くて介護無くては歩けないのですが、あそこだけは元気で身体を拭くとき必ず勃起させるんですが、すごく立派でうちの主人の倍近くはあり、私はいつも時間をかけチンチンを拭いて楽しんでいました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 そんなある日の事、普段いる若奥さんが出かけて家には私とおじいちゃんの二人きりで、いつのの様に私はおじいちゃんの身体を拭いていて、チンチンを拭いてるとまた勃起し元気なので、私はわざと扱いたり手で撫でたりするとおじいちゃんが私に

「悪いが良かったらお口でフェラしてくれんか?」そう言われて私は「ダメです、そんな事は出来ませんよ」するとおじいちゃんが悲しそうな顔で私に「もう直ぐ死ぬと思うが、わしはばあさんを亡くして20年ぐらいはエッチをしてないのだがここだけは元気でな。何とかしてくれんか?」

 私はおじいちゃんに「わかりました、今日だけですよ。その代り誰にも言わないでくださいね」そう言って私はおじいちゃんのチンチンを手で扱きながら舌で舐め始めると、すぐにチンチンはギンギンに硬くなりうちの主人より硬さがあり私はびっくりしました。

 そしてゆっくりと咥えて上下に口を窄めてフェラすると、おじいちゃんの手が私の胸を揉み私も服を脱いでブラを外し生乳を揉ませました。そして胸を揉みながらおじいちゃんは今度は私のお尻を撫でて来て、割れ目を摩ってき私は気持ち良くなりジャージとパンツを脱ぐ、とおじいちゃんの顔の上にまたがり舐めてもらいました。

 おじいちゃん舐め方は上手で舌でクリトリスを転がすように舐め指はマンコの穴にれて出し入れし私は我慢できなくなり自分から上にまたがり挿入しました。上で腰を動かし先に逝ったのは私でそれでもおじちゃんは下から腰を振り私の中に射精しました。

 チンチンを抜くとマンコから流れ出るおじいちゃんの精子を綺麗に拭きそしておじいちゃんのチンチンも綺麗にしてあげました。暫くして帰るときにおじいちゃんが私に「今日はありがとうな!」これはお礼だからと言って封筒を渡され中を確認すると、

 5万のお金が入ってて私はこんなの貰えないと言ったのですが、おじいちゃんはお礼と言って持って帰れと言いました。私の方が満足したのにお金までもらって申し訳ない気持ちで一杯です。今度はもっと気持ち良くさせてあげたいと思っています。


↓他のHな体験談を見る