♂7♀2で快楽に溺れた親友の喘ぎ声

 去年の夏休み、あたしは女友達の美樹と二人で海に出かけていました。彼女とは親友で、大学時代はよくドライブに行ったり、海辺でいろいろと悩みを相談しあったりしていました。その日は海開きの日ということで、暗くなりかかっているにもかかわらず大勢の人でにぎわっていました。

 あたし達はいつものように泳ぐわけでもなく話をしていたのですが、二人の男の子が声をかけて来たんです。彼らが言うには、あたし達の車は砂の柔らかい部分に入り込んでいて、出られなくなっているから、彼等の持っているフックで牽引してくれるということでした。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 試しに出してみると、彼の言うとおりすっかり砂にはまってしまっていて、出られそうにありません。あたし達は彼等にお礼を言って車を出してもらって、お礼に近くの焼肉屋で夕食をごちそうすることにしました。

 その後お酒も結構飲んだあたし達はとても盛り上がり、カラオケに行くことになりました。今思えば不用心すぎたかも知れません。あたし達がついた時には、広すぎる特別室がすでに予約してありましたが、あたしは何の疑問も持たず彼等についていきました。

 カラオケボックスであたし達は初めの1時間は普通に楽しんでいました。その後彼等が友達が来てるから合流しても良いかと言うので、何の疑いも持たずオッケーし、気付いた時には一部屋に男7人と女二人という状況になってしまっていました。

 そして2、3時間みなで楽しみ、あたし達の酔いもさめてきたのでそろそろ帰ろうと思い始めた時、彼等の一人が「そろそろはじめるか?」と言い出し、何のことだろうと振り向いたあたしの胸を突然さわってきたのです。

「やめてよ!どうしたの急に!?」あたしはまだその状況が飲み込めず、美樹をふりかえり、彼女の引きつった表情からようやく彼等の言った意味を理解しました。美樹はすでに二人の男の子に胸を触られ、喋ることもできずにあたしの方を見ていました。

 彼等は「綺麗なお姉さんたちをこのままかえすわけないじゃん。」「でもまだ効いてきてないみたいだけど?」「まてねえだろー」とか訳の分からないことをいいながら、あたしと美樹を捕まえ、ソファーに無理矢理座らせました。

 あたしは「ふざけんなよ」「出ていけよ」などと怒鳴ったのですが、彼等はニヤつくばかりです。大声をだせばなんとかなると思っていたのですが、彼等の余裕から、無駄なことだと分かりました。

 彼等はあたし達をソファーに押し付けてはいたものの、なにもしてこずに、ただニヤついているだけでした。いったいどうしたいのか分かりませんでしたが、少し時間がたつとあたしの体は急に熱くなって来て、首を掴まれただけなのに、体がビクッと反応してしまいました。

 その時になってようやく媚薬を飲まされ、彼等が効果が出るまで待っていたことに気付きました。「あううんっ!」という声で振り返ると、あたしの隣では美樹が胸を触られ泣きながら快感に耐えている様でした。

「ああんっ いやああっ」薬で敏感になった下半身を刺激され、美樹は激しく声をあげ悲しそうな目であたしを見ました。普段のクールで気の強い性格の彼女からは想像もできない声色でした。

 あたしは初めて聞いた親友の色気のある声になぜか激しく動揺し言葉を失いましたが、急に胸を強く揉まれ、今まで感じたことのない快感に体を反らせました。男の子達は「すげー」とか「たまんねー」などといいながらあたしの服を脱がせ、体中を触って来ました。

「助けて!」と叫んだのですが、恥ずかしいことに口からは喘ぎ声しかでませんでした。悔さと憎しみの心とはうらはらに、あたしは彼等に犯されながら、自分から腰を使っていました。彼等に命令され、美樹のあそこをなめさせられたりもしました。

 普段は実にクールで、女の子からも人気があり、下ネタもほとんど言わない彼女が喘ぎ声をあげるたびなぜか悲しい気分になりながらも感じてしまったのです。彼等は犯されている美樹を見ているあたしの反応が面白かったらしく、美樹ばかりを辱めました。

 みきの口から「お願い、もっと入れて、、」という言葉がもれた時、あたしの中でもなぜか理性が完全に飛び、自分から求め、大声で喘いでしまいました。全てがおわり、彼等が帰った後、あたし達はふらふらと家に帰りました。

 悔しくて涙がとまらなかったけど、訴える気分にはなれませんでした。たとえ薬のせいだとしても、最後には自分から望んでしまったことは本当にショックで、自分がが許せませんでした。

 美樹とはもう忘れようと話をし、今でも親友です。でもあたしは彼女の喘ぎ声と顔が忘れられず、つい普段のクールな表情をも見つめてしまうときもあります。


↓他のHな体験談を見る