修理依頼で行った家の奥さんが元カノ

 私は電化製品の修理の仕事を自営でしています。契約会社のお客様相談室からクーラーの修理依頼があり、早急に対応して欲しいとの事でした。つぎの日、その家に行ったのですが、玄関から出てきたのは、なんと昔付き合っていた彼女だったのです。お互いすぐにわかり、ぎこちない挨拶をし、部屋に上がりました。

 彼女とは妻と結婚する前に2年半ほど付き合っていました。別れの理由は、私が妻と付き合うことにしたので彼女とは一方的に私のほうから別れを切り出し、彼女を傷つけた形で別れたのです。修理をしている間、私の背中越しに彼女の視線を感じました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 彼女は何を思っているのだろう。自分を恨んでいるに違いない。修理を終えた事を話すと、彼女は「ありがとうございます。毎日こう暑いと、どうしてもクーラーなしではいられないから」「そ、そうですよね。この暑さは異常ですよね」当たり障りの無い返事をしました。

 その時彼女の姿をよく見ると、Tシャツに白い膝までのトレーニング短パンというラフな格好で、なんと汗でブラジャーが透けて見えました。また、台所に麦茶を取りに行く後姿を見ると、パンティーラインがくっきり左側の尻に食い込んでいるのも分ります。

 熟女の色気がムンムンです。私は思い切って「15,6年ぶりかなー。変らないね」「えー、そんな事ないよ。子供2人もいるオバサンよ」「いつ結婚したの?」「あなたと別れてから・・うーん1年ぐらいしてからかなー。見合いで」「見合い?」

「そう、何か恋する気分じゃなかったのよ」「俺のせい?」「違う、違う、でも~半分はそうかな。今でも忘れられなかったりして・・」意外な言葉に驚きました。私はここ最近妻とはごぶさたで、だめもとで「本当だったら嬉しいなー。あの頃を思い出して恋人気分味わってみる?」そう言いながら彼女に近づき、彼女にキスしました。

 彼女も待ってましたとばかりに激しく吸い付いてきました。汗ばんだ体から洋服を脱ぎ捨て、二人とも全裸になり立ったまま彼女の乳首に吸い付き、右手は彼女の股間に・・陰毛までビッショリです。

「凄い濡れてるよ」「違うよ、汗よ、汗」「汗にしては粘り気があるみたいだけど」指ですくって彼女の顔に「いやん、言わないで」彼女のクリを撫でてやると「あー、はあー、もっと・・指も入れてぇ」私は一瞬驚きました。彼女からそんな言葉がでるとは・・

「変ったな、そんな事言える人じゃなかったじゃん」「私も43才よ、色々できるようになったわよ」そう言うと私の股間にしゃぶり付き「じゅぱ、じゅぱ、じゅぽ、んー変ってないかも・・ここは・・思い出しちゃったぁ」意外です。

 昔はこんな事頼んでも咥える程度だったのに、今は袋まで丁寧に扱い正直、旨い・・やばい、逝きそうだ。私は彼女の背後に廻り、背中と尻を攻めました。彼女はテーブルに手を付き「あっ、あー、いい、いや」相当感じています。

 私は彼女にお尻を突きだささせ、立ちバックで挿入しました。「はー、入ってる。凄い~あぁぁー、はー、いやー」私は最初の2,3回はユクッリ挿入しましたが、その後は一気に腰を振りました。

「あー、ダメダメ、逝ちゃう、逝っちゃうから、あーぁータダシー、イクー」私の名前を呼びながら逝ってしまいました。私も我慢の限界で彼女の尻にかけようと思ったのですが、間に合わず床に射精してしまいました。

 すると、彼女が振り返り私の股間に吸い付き、残り汁を綺麗に吸い取り、サオの部分も綺麗にしてくれました。昔の彼女からは想像もつきません。私が彼女をふったのは、性の不一致といいますか・・彼女がエッチに消極的でそれが原因でケンカもしました。

 そんなことがあった時、妻と出会い妻のほうに傾いたのです。「ヨウコ、ずいぶんエッチになったな」「そうかしら、こんな事ダンナにもしたことないのよ。あなただから・・いつかこうなる事を夢見て・・だって別れた原因は私が・・」彼女も分かっていたようです。

 私は彼女を抱きしめソファーに腰掛け、彼女の股を思いっきり開き陰部を舐めまわしました。「あーダメー、今逝ったばっかりだからー、ダメダメ、くすぐったいからダメー」「いった後触られると、ダメなのは変ってないな」「うん、あなたのこれも(チンポを握って)変ってないよ。全然、ちょっと色が黒くなったぐらいかな」

 それから夕方まで、彼女と全裸で過ごしました。この日以来彼女とは会っていません。携帯の番号、メルアドを交換しましたが連絡は取っていません。彼女も家庭を壊すようなことはしたくないのでしょう。でも、彼女良かったなあ。たまりません。熟女ムンムンです。時間をおいてメールしてみます。


↓他のHな体験談を見る