おばちゃんの楽しみ筆下ろしエロ

 去年の年末に筆下ろしした21才の男の子とまた会ってきました。こんなおばさんに童貞を捧げてくれたので、彼のことはもうちょっと女の体やセックスのテクニックを教え込んで、一人前の男性にしてあげたいなと思っています。

 その日も待ち合わせしてそのままラブホテルに直行しました。前回よりも緊張していなかったみたいでしたけど、ホテルの部屋に入って早速ズボンのチャックを下ろすと、すでにペニスはカチカチに反り返って、既に先っぽからは透明でネバネバしたものが出ていました。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 いきなりこんな元気なペニスを見せられちゃうと、私も我慢できなくなっちゃってそのままパクって咥えてしゃぶってあげました。しゃぶってあげていると、前回と同様数分で呻き声をあげたかと思うと、私のお口の中でさらに膨張したかと思ったら大量の精液を発射してしまいました。

 やっぱり若い男の子だけあって精子の匂いもキツく、こってりして粘りもあって、とにかく量が多くて・・それだけで妙に私も興奮してしまいました。とりあえず、彼は溜まりに溜まってた精液をいったん放出したので落ち着いたのか、私のオマンコをじっくり見たいと言ってきました。

 彼にストッキングとパンティーを脱がしてもらい、ベッドの上で足を広げると、彼はそれはそれは間近でじっくりと観察したあと、私のオマンコを指で触り、舌で舐めまわしてきました。前回よりも的確にクリトリスを舐めてくれたので、私も思わず声を出して感じてしまいました。

 私の感じてる様子を見て彼も興奮してしまったようで、イッたばかりなのにまた元気になったペニスをオマンコに擦りつけながら挿入してきました。前回は単調だった腰の動きも今回はスムーズでリズミカルにペニスを出し入れしてくれたので、思わず本気で感じてしまい、私のほうが先にイッてしまいました。

 さらに一度してみたかったというバックになってあげて、後ろからペニスを激しく出し入れして、ほどなくして彼も私の中に2度目の射精をしました。ここでちょっとひと休みをして一緒にバスルームに…。寒いのでちゃんとバスタブにお湯を張り、2人して湯船に入りました。

 いったん湯船から出て、彼の体全身を洗ってあげました。特にペニスや玉やお尻の穴を入念に洗ってあげていたら、ペニスが脈打ってまたムクムクと大きくなってしまいました。

 そして彼にバスタブの縁に手を付くようにお願いされ、お尻を突き出すとカチカチになったペニスをバックから挿入され、そのまま突いて来ました。立ちバックだと突きやすいのか、とてもリズミカルにパンパン突いて来ました。

 彼のペニスが奥に当たってすごい気持ちよくて、バスルームで感じてる声がすごい反響しちゃって恥ずかしかったけど、私だけイッてしまいました。

 ちょっとのぼせ気味でお風呂から出ると、彼はバスルームでは中々射精しなかったみたいだったので、私にそのままベットで四つん這いになるようにお願いすると、そのままバックからペニスを挿入してきました。

 私の腰を掴んでパンパン音を立てながら激しい出し入れで、最後は呻き声を上げて私の中で射精しました。これで今日は3度目の射精だったけど、私のオマンコの中でドクドクと脈打ちながら射精していました。回数を重ねるたびに慣れてきてどんどんエッチが上手くなっていってるのがわかりました。

 何よりも若いだけあって、今日も2時間で3度の射精しましたが、まだ余力があったみたいでした。『こんなおばさんでよければいつでも中出しセックスの相手してあげるのでメールしてね』って言って、その日はホテルを出てバイバイしました。


↓他のHな体験談を見る