OLのタイトスカートは男を欲情させる?

 私の名前は由里香、24歳で商社のOLです。毎日のように1時間くらい電車で通勤しています。服装はタイトスーツです。スーツは、パンツルックばかりでした。その日、パンツをクリーニングに出して取りに行き損ねてしまい、仕方なく代わりに膝上5センチくらいのタイトスカートで出勤したんです。

 いつものように吊り革にぶら下がるようにしながら、うとうとしていました。そうしたらお尻の辺りが、もぞもぞするんです。ぎゅうぎゅう詰めの車内だから「後ろの人の手でも当たってるのかな」くらいに思って気にもしていませんでした。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 だんだんその当たっている!? ものは、明らかにお尻の割れ目を上下になぞったり撫で回したりしてきたんです。振り返って睨み付けようにも身動きがとれる状態ではありませんでした。仕方なく耐えることにしました。

 痴漢の手はお尻から腰の横に移り、スカートの横のチャックを目一杯に降ろしました。そこからスカートの中に手を入れてきたんです。ストッキング越しに脚の付け根やアソコの辺りを撫で回してきました。

 その日は、せっかくのスカートだし、脚が露出するから奮発して私にしては珍しくストッキングも超薄を履いていたんです。だから直に触られているような感覚でした。痴漢の手は、次第にアソコを集中的になぞりはじめました。

 頭にきながらもだんだんアソコも湿ってきているのがわかりました。「痴漢にバレているかもしれない」って思うと、恥ずかしくなって、よけいに濡れてきました。「どうしよう」って考えていたら、スカートの中でビリッ!?と音がしたんです。

 その途端、痴漢の指先がパンティーの中に入ってきました。痴漢が指先でストッキングに穴を空けたようなんです。
だんだんストッキングの穴は広がり、パンティーの中でアソコを全体的に前後に撫で、指でアソコの淵の大陰唇や小陰唇をなぞりました。

 私は見ず知らずの人から初めてなぞられたせいか、今まで味わったことのな いゾクゾクする恐怖と恥ずかしさが混ざりあい、鳥肌が立ちそうな気持ちに襲われました。痴漢の指は前に行きクリトリスを刺激してきました。

 小刻みに動く指は、時々オナニーで使っているローターより気持ちがよく、声 が出そうになるのを必死で堪えていました。もう痴漢への怒りはありませんでした。痴漢はそんな私を知ってか知らないでかは分からないけど、手を緩めずにア ソコに指を突き立ててきたんです。

 もうグショグショの状態になってるであろうアソコは、簡単に痴漢の指を奥ま で受け入れてしまいました。指はアソコの中を掻き回していたのですが、アソコの中の前の部分を押さえて 止まりました。

 その部分は、私が一番感じるところで、痴漢は掻き回しながら感じる場所を特 定していたのかもしれません。「ヤバイ!バレたかなぁ」って思った瞬間、二本目の指を入れてきて、その部分に特に当たるように指を出し入れしてきました。

 わたしは声が出そうになるのを堪えるのが精一杯で、額に汗まで吹き出してき ました。脚もガクガク震えだし立っているのもやっとでした。立ってると言うより吊り 革に縋っていたかもしれません。だって腰砕けの状態になっていたから。

 痴漢はさらに激しく指を動かしながら、親指を使いだし同時にクリトリスまで 刺激し始めました。スカートの中から僅かにクチュクチュ嫌らしい音が聞こえてきました。私は「周りの人に気付かれてるんじゃ」って思うと周りを見る勇気も失せてしまい顔は俯いたままでした。

 痴漢の手は、一旦アソコから指を抜いたかと思ったらストッキングとパンティーの前を引きづるようにふとももの半分位のところまで下げました。そして再びアソコに入れ、今までより出し入れする幅を広げて、わざと音を立てるかのようにクチュクチュいわせました。

 私は恥ずかしさと快感の波が押し寄せ、ついに我慢できなくなり思わず両脚をピタッて閉じてしまいました。当然、痴漢の手をふとももで挟み込んでしまいました。その瞬間、昇り詰めイッてしまったんです。

 痴漢は私がイッたことが分かったらしく。アソコからゆっくり指を抜きスカートのチャックを閉めてくれました。私は、頭の中が真っ白になったままで放心状態でした。そのうち目的の駅に着いたので人の流れに流されるまま電車から降りてすぐトイレへと向かいました。

 トイレでスカートを捲くると引きずり下ろされたパンティーは、まるで失禁し たかのように汗と液で濡れて、穴を明け破られたストッキングもふとももの内側部分まで染みていました。その痴漢に会って以来、パンツルックではなくスカートを履いて出勤するよう になりました。


↓他のHな体験談を見る