隣の奥さんの女体とタダまんを頂いた

 地方の大学に入って間もない頃、下宿の向かいのアパートに新婚さらしい夫婦が住んでいた。旦那が仕事から帰ると食事をして、暫くしてから夫婦の夜の営みの時間となる様子が感じられた。

 セックスしているのかなと羨ましい気持ちでいて、一人でこすって自分を慰めることもあった。昼間に若奥様が窓を開けて、こちらをぼんやり見ていることもあった。学生が勉強しているのを見ているのかなと思っていた。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 あるとき町のバス乗り場でその奥さんを見かけたら、向こうから近寄ってきて、隣の下宿の学生さんですねと声を掛けられ、少し話をしながら同じバスに乗って帰った。別れ際に、遊びにおいでと言われたが、若奥様の所へ遊びに行く訳にもいかず、笑ってごまかしていた。

 暫く後に、奥さんがまたぼんやりとこちらを覘いていて、目が合ってしまった。こんにちはと頭をさけたが、相変わらずこちらを見ている。良く見ると、窓辺から少し奥へ遠ざかっていて、手招きしている様子であった。いくら呼ばれていても、すぐ行く訳にもゆかずに躊躇っていると、いらっしゃいを続けるではないか。

 少しぐらいこの間の話の続きぐらいしても良いかと、部屋を出て、隣の建物に入り、その人の戸口に立つと、直ぐに中から開けて招き入れられた。温かく姉のような雰囲気の女で、コーヒーでも入れるわねと座布団を進められた。田舎から出てきた学生には、ほっとさせる雰囲気に酔う思いであった。

 俺の身の上話をいろいろと興味深そうに聞かれて、打ち溶けた思いになって行った。立ったり座ったりするたびに、胸の谷間が見えたり、短いスカートを引き下ろすしぐさに、女を感じさせられていた。

 やがて少し男女の話になり、女の経験があるのとか聞かれた。彼女は高校生のときに先輩とエッチしたとか、旦那と知り合ってホテルに連れて行かれたとか聞かされた。男の子は性の処理をどうしてるのとか、シタくて困るときがあるでしょうとか・・。

 そんなに言いながら、テーブルの向かいにいたのが、隣に座ってきて、香水の匂いに包まれた。おれの頭もくらくらとなったとき、手を掴まれ、彼女の股間に持っていかれた。

 反射的に女を抱いて、畳の床に転がせて、上に乗っていった。うっと声を出しながら唇を重ね、胸に手を入れた。人妻の誘導に任せて、まさぐり、スカートの下から手を入れて、陰部を探り、暖かい感触を味わった。

 パンティを引き下げ、スカートをめくりあげて、ざらっとした陰毛に触れながら、女陰を覗き込んだ。そっとしてねと女はいう。スカートを脱いで、下着姿になった若妻の太ももと腰の辺りの妖艶さに身震いがした。

 おれの息子はすっかり元気になって、硬くいきり立っているので、とにかく穴に挿入することしか念頭になかった。開脚させて、穴に差し入ようと焦りながら努めた。まだ潤いの少ないマンコに急いで入れようとするので、おれのチンポも少し痛いが我慢して入れた。

 最後はヌルッと入った感じで、中は温かかった。女は、あっ、あっと反応していた。男の本能にまかせて、腰を前後に動かして、性感を味わった。女は動きに合わせてあぁ、あぁと喘ぎ続けた。やがて腰から電流が走った感覚とともに、どくどくと射精した。

 女はおれの腰をしっかりと抱えて、精液を受け止めているようであった。男のおれは、全身の力が抜けて、虚脱感を味わったが、そのまま性器を繋いで呼吸を整えていた。暫くすると、男根の勢いが回復し、再び挿入した状態で固くなってきた。

 再度快感を味わうべく、腰を前後に揺らし始めたら、女の声が一段と大きくなり、体をのけぞらせてきた。脚をピンと伸ばして硬直し、ものすごい力でしがみついてきた。息も絶え絶えに、お腹の筋肉を硬直させ、陰部も締め付けてきて、放してやらんといいながら、悦びの絶頂に達した様子であった。

 女の強欲な姿を見る思いであった。おれも堪らずに、二度目の射精をした。男と女の快感を求め合う格闘であった。暫くたって、女が徐々に覚醒していった。天国から戻ってきたのである。

 ティッシュをつかって、互いの体の汚れを拭いて、衣服を整えた。気恥ずかしい思いであったが、また来てねと女はいった。旦那とあんなセックスを夜な夜なしてるのに、まだシタイのかと女の貪欲さを感じた。

 それから後も、午後の時間に、何度か招かれてただマンを頂いた。


↓他のHな体験談を見る