送迎の仕事でコンパニオンと3P

 私は有名大学に進学しましたが、親に内緒で派遣ラウンジコンパニオンのアルバイトをしていました。派遣先での仕事が終わった後は、男の人が車で自分の家まで送ってくれますが、実はその送迎の人と3Pをした事があります。

 しかも、自分から誘って・・その日はお酒を少し飲みすぎて、ちょっとエッチな気分でした。 もともと私は×××願望があり、車に無理やり乗せられて男の人数人に、おっぱいも、乳首も、オマンコも、めちゃくちゃぐちゅぐちゅにされたいという願望があり、普段から勉強の合間にオナニーしていました。



 そんなエッチな私ですが、その日はたまたまその送迎の車には女の子が私以外にいなくて、ワゴン車には私と同じ位の運転手とその男の子の男友達が乗っているだけでした。その男の子とはじめは普通に話しをしていましたが、話をしているうちにだんだんお酒が回り、だんだんエッチな気分になってきました。

 もうエッチがしたくて、したくて、だんだんオマンコが熱く熱を帯びてドキドキしてきました。私はもう我慢できなくて「酔っちゃった・・」とその男の子に寄りかかり「キスして」と誘いました。

 その子も興奮して、ねっとり、ゆっくりディープキスをして来ました。唇を離したときに唾液が糸を引きました。
その様子を運転手の子がじーっと見ているのが分かりました。私はちゃんとバックミラーに映るように、もう一度ねっとりとしたキスをしました。

 そして男の子の手を自分のスカートの中に誘い、運転席からもちゃんと見える様に足を開いて、じっとり濡れたショーツの上からクリトリスを触らせました。すでに私のオマンコはぐちょぐちょで、クリトリスもすごくビンビンになって、触られるとビクンビクンとして「あぁ、いぃ・・もっと・・」と思わず声が出てしまいました。

 その子は私の敏感になったクリトリスをまぁるく円を描くように刺激したら、ぐちょぐちょになったオマンコを生で触ろうと、ショーツの端から指を2本入れてかき回し、片手でおっぱいをもんだり、乳首をくクリクリしました。

「あ、あ、いい・・もっと、もっと・・」私は自分から腰を動かしていました。男の子はつばを垂らしながら、私のおっぱいにむしゃぶりつき、乳首をれろれろとなめ回します。すると、その様子を見ていた運転手の子がたまらなくなってどこか暗い所に車を止め、私たちがまさぐり合っている後ろの座席に入って来てズボンを下げました。

 彼のオチンチンはすっかり怒張しギンギンに硬くなっていました。私は彼のオチンチンをつかんでチュパチュパしゃぶりました。運転手の子は「こんなエッチな事しやがって・・たまらんやんか・・」とあえいでいたので、私は彼の長いオチンチンを亀頭から根元までじっくり、ゆっくりなめ回しました。

 亀頭の先には透明な汁が光っています。私はそれをジュルッと吸いました。運転手の子はたまらず「あぁ・・」と声を漏らしました。私はもう最高でした。1人が私の淫らになったオマンコや、おっぱいや、クリトリスや、乳首をいじくり回したりチュパチュパと音を立ててなめ回し、

 もう1人は私の髪を掴み口の中にオチンチンを突っ込んでしゃぶらせている・・。それはまさに、私が何度もオナニーするときにイメージした光景そのものでした。

 私は2人の男が代わる代わるいたぶる快楽にたまらなくなり、思わず「私を後ろから犯して・・」と懇願していました。そして1人が私を四つんばいにして、後ろから太くたくましいオチンチンを生で挿入してきました。

 私のオマンコはもう快楽の奴隷で、オチンチンを自分から欲しがって奥へ奥へと腰を振らずにはおれませんでした。男の子は私の動きにあわせて激しくオチンチンをピストンしてきます。

 男の子が「あぁ、しまる、しまる。いぃ・・よすぎるよ・・あぁ・・オマンコの中、すごい熱い・・」とあえぎました。私のオマンコは痙攣してピクピクし、ジュバーっとおし○こみたいな液があふれ出しました。

 濡れ濡れになった淫乱なオマンコは、自分からオチンチンを奥の奥まで思いっきりむさぼってイキました。男の子ももう我慢ができなくなり、私のおなかの上に白いねっとりした精液を出しました。

 しかし、そのねっとりとした精液も拭かないうちに私はもう1人に犯されました。快楽で恍惚とした私を、たくましいオチンチンで何度も何度も陵辱し、おっぱいを荒々しくもみしだきます。

 そしてさっきイッた子が、私のビンビンに敏感になった乳首をまたちゅぱちゅぱ吸っています。私はもう、わけがわからなくなりました。私のオマンコはまるで生き物のようにピクピク痙攣し、何回も何回もイキました。


↓他のHな体験談を見る