再婚した父の妻が若くて手を出した

 母を亡くして七回忌も過ぎ父が再婚した。父は50歳、再婚相手(真紀)は24歳で会社の部下と言っていた。俺は大学4年で真紀とは二つしか違わない。俺の部屋の隣が父の寝室で毎晩のようにsexしてるんだ。

 初めは声を殺していたが、真紀の喘ぎ声は次第に大きくなってきて、思春期の俺は真紀の声を聴きながらオナニーしていた。トイレに行くと廊下で真紀と会った。健ちゃん私のエッチな声でオナニーしてたでしょ~



 俺は何も言えずモジモジしてると可愛いと言ってキスをしてきた。俺は真紀を女としてみていた。真紀は俺の腕を取り俺の部屋に入った。「真紀さんオヤジがいるのに…」「大丈夫~もうイビキかいて寝てるわよ。ねえ健ちゃん私のパンティでオナニーしてるでしょ~精子が付いてたわ~」

 ゴミ箱を見られ丸まったティッシュを真紀に嗅がれた。真紀はニヤニヤしながら「若いのね、凄く青臭い精子~」俺は何も言えずにいると…「ねえ健ちゃん、お父さんに内緒にしてあげるから~私とエッチしてくれる~私満足出来なくて~」

 真紀は俺の同意も得ず俺のパンツを脱がせチンコをしゃぶってきた。う~気持ち良過ぎ~真紀さん逝く~良いよ出して~うっ、出る!俺は真紀の口に暴発した。真紀はゴクリと飲み込んでいた。まだ出来るよねと言いパジャマを脱ぎベッドに横たわった。

 股を開き、健ちゃん私のオマンコ舐めて~早く早く~真紀のオマンコは濡れていた。真紀は指でオマンコを広げていた。オマンコはパックリ口を開けチンコを待っているように見えた。

 俺は真紀のオマンコを舐めてやった。クリを甘噛みすると身体をピクピクさせ甘い声を出し始めた。マンコの中を指で掻き回してやると腰をガクガクさせ逝ってしまった「アアン~健ちゃん凄く気持ちいいわ~ねえキスして~」
唇を合わせると真紀は舌を出し絡めてきた。

 俺は真紀の大きくて柔らかい胸を鷲掴み舐め回した。乳首を吸ってやると喘ぎ声を出し始めた。口に手を当て声を押し殺していた。俺は童貞では無いが経験値は低い。ありったけの知識で真紀を責めた。

「アアン~健ちゃん~もう駄目逝っちゃう~入れて~早く~もう「真紀さん入れるよ!」おおお~きついいマンコだ。根元まで入れると真紀は海老反りにして感じ始めた。俺は真紀を抱き締め激しく腰を振ってやると真紀は俺の腰に脚を絡め背中に腕を巻き付けてきた。

 キスをして唾液頂戴とせがまれ唾液を流し込んでやった。「真紀さん~気持ちいいよ~逝きそうだ。」「アアン~私も逝っちゃう~来て健ちゃん~私の中に出して~アアン~駄目駄目~逝く逝く逝く~健ちゃん~」避妊して無いけどな我慢出来ずオマンコの中に射精してしまった。

「健ちゃん~まだ抜かないで~もう少し繋がっていたいの~」真紀は俺の頭を撫でキスをした。ゆっくり抜くと真紀のオマンコから精子が溢れ出て来たでしょ・・真紀は俺の汚れたチンコを握り舐めて綺麗にしてくれた。


↓他のHな体験談を見る