トイレでフェラで奉仕してくれるナンパした若妻

 飲み屋でナンパした若妻、泥酔していてその日のうちにヤッて、それから頻繁に会っていた彼女には、未就学児の子供がいた。聞けば今日入園式、旦那は仕事で来ないそうだ。父親代わりに俺が行こうかなぁ。冗談半分で提案すると、彼女は意外にも、面白いねそれ、本当においでよ、と。こうして本当に、仕事の合間にスーツ姿で父親っぽく参加することになった。

 彼女とつかず離れずの距離で、会話も特に交わさず。まだ誰もママ友達も居ないから大丈夫と言っていた彼女の近くで、渡されたビデオカメラでそれっぽく式を撮影する。一番後ろの席に並ぶ父兄達のさらに一番後ろ。隣にいて見慣れないスーツ姿の彼女にムラムラしてきてしまった。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 イタズラ心が芽生えた。明らかに勃起したちんぽを彼女のお尻に軽くこすりつけてみた。場所をわきまえてよと言わんばかりに彼女は手で俺を押し返す。しかし怯まないで押し当て続けていたら、ついに彼女は抵抗しなくなり、俺にされるがままになっていった。

 しばらくして彼女は俺から体を離し、足音を立てないように部屋から出て行ったのだが、その瞬間、振り返り俺に目くばせをした。少し間を開けて俺も彼女の後を追った。長い廊下の奥にあるトイレから彼女が少し顔を出した。

 誰もいないことを確認してトイレに入る。個室のトイレの一番奥に彼女はいて、俺が中に入ると静かにドアを閉めロックした。その瞬間俺の首に腕を巻きつけ舌をベロベロと絡ませてくる激しいキス。フタの下りた便座に腰掛けた彼女は俺のスーツのズボンを忙しなく開き、天を向いた勃起をいきなり深くくわえてきた。

 手に持ったビデオカメラでその痴態を撮影しても彼女は抵抗すらしない。早く。と言いながらちんぽから口を離しスーツのスカートを自らまくりあげ、パンティを下ろした。

 イタズラでやったとは言え、まさかこのシチュエーションで挿入までは考えていなかったので少し焦ったが、彼女のアソコはいつも以上に濡れそぼっている。たまらずワレメに上下にちんぽをこすりつけ、膣口にちんぽをゆっくりと、しかし深く押し入れていく。

 式が終わるまでには戻らないといけない。片手でカメラを持ち撮影を続けながら、もう片方の手で彼女の腰をつかみ激しく出し入れを繰り返した。小さな声でイキそう、と伝えると彼女は恍惚とした表情を振り向きざまに見せながら、そのまま、中で…と言った。

 いつも以上に膨張し、いつも以上に大量のザーメンを彼女の中にぶちまけた。トイレットペーパーを厚めに巻き取りちんぽを抜きながら彼女のアソコに当て、下着を上げてお互いの着衣の乱れを直す。

 時間にして5分もかからなかったせいか、部屋に戻った後も周囲の違和感は感じなかった。式が終わり部屋を出る時に時折歩き方がぎこちなかったが、後で聞くとザーメンが外に出てくるのをペーパーの方に向けていたのと、俺が押し当てたペーパーが勃起が残るクリにこすれて感じてしまっていた、と彼女は言った。

 旦那には、バッテリ充電するの忘れて撮影出来なかったと嘘をつき、昼間にハメ撮りビデオを観ながらオナニーしまくったと連絡をくれた。式が終わり駆け寄ってきた子供に向けた笑顔とのギャップがたまらなく興奮した。


↓他のHな体験談を見る