豪雨でびしょびしょになった人妻と

 32歳の営業マンです。営業の帰りものすごい豪雨に遭い、しばらく車を止めていましたが、少し雨足が弱くなったのは知っていると、大きな木の下でブラウスを濡らした女性が車を止めてウインドを降ろして

「随分濡れてますね、良かったら乗りませんかと声掛けると彼女は「お願いしますと」車に乗り込んできました。夏とはいえブラウスがびしょ濡れでブラジャーに張りつているので、車を少し走らせて道路の端に車を止めて「こんなに濡れてちゃ風邪をひいちゃいな、



 私の上着を貸すから脱いで体を拭いたらと話すと、少しためらうので「ここじゃまずいな」と言ってさらに車を走らせて、神社の境内の森に入り「ここだと誰も来ないから」とってワンボックスカーの座席の背を倒して

 後ろの座席に行って体を拭くように話して、汗ふきようのタオルを渡すと、彼女は後ろに移ってブラウスを脱いで体を拭いてるようでしたが、ブラジャーまで濡れてるようなので「遠慮しないで上着を羽織って拭いたら」と声をかけ、

 バックミラーできずかれない程度見てると、ブラジャーを外して体を拭いてるので「あの辺の人ですか」と聞くともう少し奥ですけど最近来たばかりで」と言い「結婚したばかりです」と言い、長くて黒い髪の手を胸ぐらまで伸ばしており、

 淑やかな新妻らしい初々しさが感じられ、雨が又激しく降り出して車の屋根やガラスをたたき、突然大きな雷の落ちると彼女がおびえているようなので、これ幸いと後座席に移って彼女の横に座って彼女の肩を軽く抱き寄せて「もう少し様子を見てればその内収まるから」と話してチラリと胸元を見ると

 形のよさそうな胸のもりあがりが見え、白い肌理の細かな肌がのじていて、彼女がくしゃみをしたので「寒いですか、体を温めなくちゃ」と声掛けて彼女を抱きしめると、体を堅くしているので「いつも抱かれるご主人と思えば」と言って背中を擦りながら「こうすると体が温まってくるでしょ」と言うと彼女恥ずかしそうに肯き、

 しばらく背中を擦り続けてると彼女の息使いが荒くなってるので、彼女が羽織ってる上着の上から腕のところを撫ぜてやり彼女を後ろ向きにさせて両方の腕を擦りながら白いうなじに軽く息を吹きかけ耳元で「こうしてると体がだいぶ温まったでしょ」と言いながら

 胸を上の方も擦るようにし彼女を抱きしめるようにして上着の上から胸を触ってゆっくり擦り弾力のある形の良い胸を感触を楽しんでいると彼女は私に寄りかかるので、tyく節乳房を手のひらに包み込んで撫ぜ小粒の乳首を指先に挟んで軽く揉んだりしても彼女は私に寄りかかったままにしてるので

 オッパイを愛撫しながら白いうなじに舌を這わせると彼女が「ウウウー」と声を漏らし、私は彼女を前向きをさせて口づけをすると彼女は和つぃの舌を受け入れてるのデープキスをし続け彼女の膝の間に私の膝を割り込ませて、

 彼女の腿を撫ぜて腿の内側をゆっくり撫ぜながら内股陰部をまさぐるとパンストと下着の上からながらかなり湿っており擦り続け、頃合いを見て彼女のお腹の所から下着の中に手を差し入れて指先が陰部の割れ目に触れるとビショビショに濡れていて、

 意外に少ない陰毛で柔らかく指先だクリを撫ぜるとめを堅く閉じて口を少し開けて「ハア、ハア、」息を荒くして、中指で入口を弄るとおつゆが溢れ出るので中に入れて出這入りさせ、中を指先で擦りながら、親指と人差し指でクリを揉んだりしてると彼女は「ウウウーー」と声を漏らし体を少し震わせて逝ったようでした。

 ぐったりしている彼女を後ろ向きにさせて立たせスカイト、パンスト、下着をずり下げて化簿女を寝かせて取り去って、痛いほどそそり立ってるので触れてる割れ目に擦りつけ、深く挿入してから浅く出し入れを繰り返してる彼女は深く入れてもらいたいようで

 腰を捩るので深く挿入を繰り返し彼女が悶える顔を眺め、溢れ出るおつゆだピチャピチャ音がして、彼女を座席の凭れさせてお尻を突き出させて後ろから浅く突いては奥深く突くのを繰り返してると彼女は次第に「ヒーー、ヒイーー」と声をあげ、

 私は彼女を抱き抱えて、私の膝に跨がせて下から挿入し突きあげながら、オッパイを愛撫し彼女が朦朧としてるので白いうなじに舌を這わせると、果てそうなので下から激しく突きてながら彼女の耳元で「逝く、逝く」と叫ぶと彼女は体を反らして果て、私もマンコの中にドクドク出しました。


↓他のHな体験談を見る