中年バツイチ女ですが若い男にメロメロです

 バツイチの主婦です。一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。たまに帰って来ては「ママ、最近綺麗になったね」だなんて言います。「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」なあんて言われて悪い気はしません。

 でも、どうしてそんなことをいったのかな、娘はたぶん、薄々私に男性がいることを感ずいているんです。私はとぼけていますが、ばれているようです。そう私は今、恋しています。彼に・・彼は私の膝が好きみたいです。



 丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。彼は、美容師の卵・・娘と同い年だなんてあまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。私が彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。最初にデートしたのは、年明けの初詣。

 私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。それも素足で靴下とブーツ姿。若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。

 3月25日、私の42回目の誕生日。彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。彼の車で、ドライブ。公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。膝上のスカート・・「寒くない?」と優しい彼。

「今日は、少し遅くなってもいいかな?」私は、うなずいていました。彼とデパートに行き、私の誕生日のお祝いを買いに行ました。彼に手を引かれ、行き着いた場所ランジェリーコーナー彼は、私にブラとパンティを選ばせ、支払ってくれました。

 男性から下着をプレゼントされるなんて、初めてのことで、恥ずかしさと嬉しさが交互して、戸惑いました。後日の話ですが、娘からの電話で「どうだったの?ママの、誕生日。何かもらった?」と娘。「男性に下着をもらったことある・・?」と私。

 娘は、ひどく明るくなり「わあ、素敵。もらったのね、ママ。素敵だわ」と言います。「で、許しちゃったの?」「え?」「もう抱かれたの?」「それ以上、何もないわよ」と私。その夜、デパートの地下駐車場の車に戻り、二人後部座席。

「紀子、好きなんだ」彼から、初めて聞いた言葉。「ありがとう」「ひとつ、お願いがあるんだ」「なあに?」彼はうつむいてしばらくじっとしていましたが「紀子に、パンティを履かせてあげたい」「え?、どこで?」「行こう」彼がそう言い車を出ました。

 彼に手を引かれ、駐車場のトイレへと。女子トイレ・・彼が素早く個室に入ります。「?ここで?」「大丈夫だよ。向こう向いて」彼は、私の腰に手を回します。「スカートの中に手を入れるよ、いいね」戸惑う私をよそに、彼は私のプリーツスカートの裾から手を入れて行きます。

 腿を這い上がる指。パンティに、指先が触れます。「本当に?」「脱がせてあげるよ」彼は、私のパンティを優しく脱がせ、降ろして行きます。ブーツの先からパンティを抜き取られ、包みの新しいパンティを出し、ブーツの先から丁寧に履かせて行きます。

 彼は優しく履かせてくれました。車に戻り、うつむく私。脱がされる恥ずかしさと、履かせてくれる嬉しさで混乱し、ドキドキしていました。優しく抱き寄せてくれる彼。自然と重なり合う唇。実は、彼とは初めてのキスだったのです。

 そろえた膝頭が、見えています。「綺麗な膝だよ」と、彼は褒めてくれます。「ありがとう、嬉しかったわ」と、パンティを履かせてくれたお礼を言いました。また、長く熱いキス。胸元に、熱いキス。キスマークができました。

 先週、彼とのデート。シャワーを入念に浴び、彼好みの洋服。その日は、覚悟していました。デニムのジャケットに、春物の膝上10センチのプリーツスカート。サンダル。その日は、パンストを履いて行きたい、と彼にメールしてOKでした。

 素肌感覚の薄いサポートタイプ。もちろん、彼からもらったお揃いのブラとパンティ・・待ち合わせのとある駅前、彼と電車を乗り継ぎ、未知の街へと・・彼の腕に寄り添い、腕を組み、彼の彼女として、歩きました。

 金マークほとんど消え、彼はこっそりと駅のコインローカーの隅で、私の胸元の同じ所にキスマークをつけます。
歩いているとすぐ分かるような露出した場所に・・散歩し、ウインドショッピングし、お茶を飲み・・その日、私は初めてタバコを吸いました。

「紀子なら、きっとタバコが似合いそうだ」彼からすすめられ、メンソールのタバコを買ってもらいました。最初はふかすだけでしたが、少しずつ吸い込めるようになりました。夕方、早めの夕食をとり、軽くお酒も・・街を歩き、いつしか裏通りにキラキラした場所・・

「紀子」「なあに?」「紀子を抱きたい」「はい」彼は、ホテルに私をエスコートしてくれました。部屋に入り、バスルームへ彼は、ほろ酔いの私を背後から支えてくれました。

 スカートの中に手がどこで覚えたのだろう、パンストを優しく丁寧に、脱がしてくれました。交代でシャワーを浴び、バスタオルで上がってきた私を、彼は抱き上げます。

 ベッドまで明かりを落とし熱いキス、耳、首筋、うなじ脇の下、彼の下が這い回ります。形のいい乳房、乳首を優しく、何度も何度も吸い上げてくれます。「あっ」腿から、足首・・足の指も、一本一本口に含んでくれました。

 閉じ合わせた膝頭、大好きな私の膝を、愛してくれます。膝頭を開いていく彼・・私の中心へと彼は、入念に丁寧に、どちらかといえば薄いヘアーをかき分け、亀裂に沿って、舌を這わせます。

「ああっ、いや」彼と指を絡め合います。小さくふっくらと露出したした所も、口に含み、そっと吸い上げてくれます。「あっ、そこだめよ」絡めた私の指先に、思わず力が入ります。それが分かるのか、彼はまた優しく吸い上げてくれます。

 こんなにも丁寧に、女の部分を愛してくれる彼、私は彼に愛されているんだ・・と時間をかけ、上下に舌を這わせ、吸い上げる彼・・私がイクのは時間の問題です。

 硬く伸ばした舌が膣の中へと・・そっと挿入されて行きます「あっ、いやああ、だめ」さらに奥へと硬い舌が「イ、イッちゃう」私は、悦びを迎えました。彼は、固く長いものを・・優しく優しく「ふ、深い」彼とひとつになれたこと。

 その夜3度、抱かれました。フラフラの私を支え、帰路へ・・彼が好きです。年齢は関係ありません。恋しています。彼の女として今私は幸せです。


↓他のHな体験談を見る