隣室の若妻が風俗嬢でビックリ!!

 俺は30歳のサラリーマンで妻と二人暮らしで小梨。最近妻とマンネリで会社の帰りに風俗に寄ったんだ。特に指名もせずおまかせした。個室で待っているとチンコが勃起して来た。

 お待たせしました、真澄です。顔を見て、お互いあって、隣の若妻の真澄が立っていた。ちょっと武蔵さん何してるの?何って抜きに来たんだけど、真澄さんこそどうして?チェンジしましょうね。いゃ真澄さんでいいよ。



 真澄さんは同じマンションの隣に住む22歳の若妻だった。とても可愛い女性でお互いの家飲みする間柄だった。武蔵さん…旦那には内緒にしてね、お願い…どうしようかな~真澄さん次第だけどね~俺は真澄さんの身体を舐める様に見た。

 シースルーの下着姿だったから良く見えた。家飲みしてる時から抱きてぇって思ってた。真澄を無条件で抱ける。武蔵さん何でもするから、旦那には…真澄は俺に抱きついてキスをして来た。舌を出して絡め合った。

 俺は真澄に告った事があった。俺が好意を寄せてるのは真澄は知っていた。真澄は俺の汚れたチンコを即フェラして来たんだ。69になり俺も真澄のマンコを舐め回した。クリの皮をむく吸ってやると身体をピクピクさせて感じていた。

 この状況で感じない男はいないだろう。武蔵さん内緒だよと言って俺に跨り腰を沈めて来たんだ。もちろん本番行為禁止の店だ。しかもゴムも着けず生挿入だ。根元まで挿入すると真澄は髪を振り乱しながら激しく腰を振り出してよがり声を出していた。

 俺はFカップはあろう柔らかな大きな胸を揉みまくり、乳首を摘んでやると口に手を当て喘ぎ声を押し殺していた真澄のマンコからは白濁の本気汁が出ていた。家飲みで俺が告った時真澄も俺に好意があると言われた記憶がある。

 酔っていたので定かではないが。正常位になり真澄とキスしながらガンガン突いてやった。真澄可愛い過ぎたまんねぇ~真澄、俺逝きそうだよ~真澄は俺の耳元で小さな声で言った。

 武蔵さん中に出していいよ…俺は身震いして真澄のマンコに多量の精子を出してやった。繋がったままキスをした。離れると俺の汚れたチンコをお掃除フェラしてくれた。

 後で聞いたんだが旦那がギャンブルでサラ金で多額の借金をつくり、やむなく風俗で働く事になったらしい。働きだして半年経っていた。三つ隣の駅で本名で働いていた。今日は俺で最後と言うので食事に誘った。

 何時もは家の近くまで送迎してもらってるが。俺は駅のロータリーで待っていた。30分遅れで真澄が来た。時間は20時、近くのファミレスで食事して郊外のラブホに入った。真澄は拒否らず俺のついて部屋に入った。

 お互い求め合い真澄は絶叫して厭らしい言葉を口にしていた。武蔵さん、もうお店には来ないで、外で、こうして会って欲しいと…俺にお金を使わせたくないからと…


↓他のHな体験談を見る