パートおばさんをお持ち帰りした

 学生時代、女性に困ったことはなかったのに、就職先が田舎町になり女性とは無縁になりました。エッチはしたいけど若い女性はいなくて性欲だけが溜まってました。2週間目で歓迎会をしてもらいお酒を飲みました。

 飲むと余計にエッチがしたくなり、代わりには40代から50代のパートのおばさんだけでしたが、我慢の限界か隣にいた45歳のクミさんを口説いてました。優しくていいパートさんですが、太くはないけどポチャで好みではなかったけど家へ誘ってみました。



「いいの?若い男の人の部屋なんて興味はあるけど」と言われ持ち帰りました。さすが大人の女性で僕が家に誘った時点でわかってたようで「彼女いないの?この街は若い女性少ないからね、こんなおばさんを誘うなんて可哀想に」と言われました。

 クミさんに抱き付き垂れた胸を吸いました。下を脱がせるとポチャッとしたお腹が現れ陰毛は薄めでした。久しぶりに見たマンコは、今まで見てきた同年代のマンコとは違い黒くて卑猥なマンコでした。

 その卑猥なマンコを舐めると「汚れてるから舐めないで」と言われ、臭いはあったけどやらせてくれるクミさんに感謝の積りで舐めました。腰を動かしはじめ感じてるクミさんに、今までにないくらいにエッチに思い興奮してました。

 服を脱ぎたまらず入れようとすると「待って、私にもおちんちん舐めさせてよ、いいでしょ?」と言われ口に持って行くとネットリと舐めだしました。手と口を使い、風俗よりも上手じゃないかと思いました。

 思わず出そうというと「若いから何回も出来るよね?若い子の飲ませてもらえる?」と言われ始めてのゴックンをしてもらいました。「凄い量ね、味も濃いわ、次は私の中に出してね」と言われ「中にいいんですか?」と言うと

「もちろんよ、いっぱい出していいから」と言われ、中出しも初めてさせてもらいました。出してもおさまらず、マンコに2回出させてもらい一緒にシャワーをしました。

 クミさんがチンポを洗ってくれると再び勃起し「凄いね またカチカチ、もう一回出そうか」と言って、立ちバックの姿勢になってくれ目の前にクミさんのマンコがきました。クミさんにチンポを入れて立ちバックで中に出させてもらいました。

 クミさんが帰るとき「すっきりした?」と聞かれ「はい気持ち良かったです」と言うと「みんなには絶対に内緒ね」と言って帰っていきました。それっきり誘ってもくみさんには断られ、他のパートの奥さんともやらせてもらいました。

 6人のパートさんとさせてもらいましたが、みんなフェラがうまく中出しは出来なくてもゴムは使わなくていいといわれ生でやらせてくれました。

 クミさん以外の5人は誘うと時間があればやらせてくれますが、一番エッチだったクミさんだけはやらせてくれずにいます。熟女好きになってしまいそうです。


↓他のHな体験談を見る