満員電車で大胆になってきた〇漢

 金曜日はとても落ち込みました。必要以上に感じてしまった自分に・・。朝は遅刻しかけで、駅員さんにギュウギュウ押し込まれた電車の中でスカートに手を入れられました。

 冷たく大きいその手に思わず小さく声をあげてしまいました。〇漢に遭遇することはたまにありましたが、たいてい一瞬で終わるのです、、が、その人が私の声にも全く動じないので、恥ずかし過ぎてずっと下を向いて目をつぶっていました。




 何故か目をつぶってると厭らしい事をいっぱい考えてしまいました。周りに立っている全ての男性がこちらを見ているような気がして・・。で、電車の中でいっぱい濡らしてしまいました。

 パンティーの中まで手が入っていたら、、と思うと自分が怖くなります。それくらい感じてしまいました。で、その続き。その日は課長のお付きで日帰り出張。新幹線でうたた寝をしていたら課長の手が私の太ももをなでなで・・。

 少し咳払いでごまかして違う体勢で寝たふりをしたら、次はもっと大胆に触ってきました。薄目を開けて見たら、うたた寝で気づかなかったけれど、私のスカートがギリギリのラインまでずり上がっていました。

 その光景の厭らしさにまたもや感じてしまった私は、気づかないフリをしたまま優しく愛撫されていました。少しため息交じりの声が出てしまっていたので気づかれていたかも知れません。

 だってとっても気持ち良かったの・・。また課長と日帰り出張あったらいいのに♪金曜日にはいてた私のパンティー、きっとマニアには高く売れたことと思います(笑)


↓他のHな体験談を見る