案の定男に悪戯され付き合いました

 その日は講義が入っていましたが、割のいい日給のバイトがあったのでパスすることにしました。大阪市内の集合場所に向かうため地下鉄に乗ったのですが、普段慣れていない通勤ラッシュに遭遇。

 乗り換えに便利だろうと先頭車両、一番前のドアを選んでしまったのは、後から考えると社会経験 が浅かったのだなあと思います。私はシャツワンピース一枚の気軽な服装をしていました。


【人妻NET】夫に不満な人妻達が貴方の愛を求めてる!

 バイトではその上にエプロンをすれば良かったからです。当然下にスリップは付けていましたが、ソックスだけの生足だったのも私がねらわれてしまった理由だったのかもしれません。

 車両のドアが開き、ホームで並んでいた大勢の人が乗り込もうとする流れがあって、でもなにか私の背後でそれとは違う異様な雰囲気を感じました。そのとき次の電車を待って、別の車両に移れば良かったのかもしれない。

 けれども私はそのまま運転室の後ろにあたる角の方へ、どんどん押し込まれてしまいました。周りは人人人。肩から下げていたバッグを手元に引き寄せるだけでも必死です。そして案の定というか、後ろからの手の感触を感じ始めました。

 オトコの人の大きい手。多分、ひとりの人の両手でしょう。下から揉みほぐすように、私のお尻を鷲掴みしてきます。相手の人が動きに合わせて腰をグライン ドさせているのも伝わってきました。

 あまりの大胆さにびっくりして、思わず真っ赤になって見上げると、横向きで目の前に立っていた 30代ぐらいのスーツの男性が私を見て微笑んでくれました。(助けてくれるのかも。) そのとき後ろの人の手がワンピースの裾をめくり、中に侵入してきました。

 ごつごつした右の手の ひらがお腹の方にまわってきて、下着の上からあそこをなぞっています。左手は同じく下着の上からおしりの穴のあたりを円を描くように執拗に触っています。

 同級生としかセックス経験のなかった私はそのあたりの愛撫が初めてで、だんだん指の動きに身体 をゆだねそうになっていました。時折前方の人を見上げると視線が合って、明らかにおかしい私の様子を見て、不審な顔つきをして います。

(恥ずかしいです。助けてください。) 半ば懇願するような気持ちで彼を見つめていたのですが、喘ぎ声をあげてしまいそうな私の表情 は、別の意味にとられてしまったようです。前の人はこちらに向きを変え、鞄を持っていなかった右手で私の胸をまさぐりはじめたのです。

 驚いて表情を伺うと、最初の笑顔とは違ういやらしい男の人の目になっていました。背後の人の右手が下着の中に入ってきます。イヤと思いながら、ぬるぬるした気持ちのいいところを触られて悶えてしまう。

 前の人はさらに大胆になって、シャツのボタンをはずし、直接触ってきました。感じやすい左胸の乳首をつまむのと、あそこに指が入ってくるのが同時で、そこで一気に私の頭の 中が真っ白になりました。

 思わず前の人に身体をあずけ、相手の腕を握りしめながら、声に出せない悶えを我慢していまし た。しばらくすると後ろの人の両手が胸にまわってきて、前の人の指が私のあそこに入ってきてたり。

 前と後ろのサンドイッチでいたずらされている状況に酔ってしまったのでした。乗換駅で大勢の流れと一緒にホームに降りたのですが、バイト先に向かえるような気力は残っていませんでした。



 乱れた服装を整えながら断りの連絡を入れていたとき、私の斜め前にさっきのスーツの人が立って いました。そして誘われるままに近くのホテルに向かいました。こんな早くからでも営業しているのですね。

 部屋に入ったとたん、シャワーを浴びたいから厭と抵抗する私を強引に押さえつけ、下着だけ脱が せて後ろから犯されるのに凄く興奮しました。


↓他のHな体験談を見る