腕の太い黒人に犯されました

 26歳のOLです。私は1年前にワゴン車に乗った男たちに誘拐されてレ〇プされてしまいました。その日は残業でおそくなってしまい終電で帰る途中でした。駅で電車から降りて、早く帰りたくて線路沿いの近道を歩いていました。

 うしろから車のライトが迫ってきてたのは気づいていましたが、気にせずに早歩きをしていました。近づいてきた車は白いワゴン車で私の横にきたときに速度がゆっくりとなり、突然ドアが開きました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私はそこから出てきた男の人2人にいきなり体を抱えられて車に乗せられてしまいました。ほんの一瞬でした。あとで警察の人からは、大声をあげたり、もっと抵抗できたのではないかと言われましたが、そのときはそんなことはできませんでした。

 なにが起こっているのかもわからないまま一瞬で車の中だったのです。車の中で私はナイフを顔にあてられながら乱暴にスカートを脱がされました。男の人の一人は外国の人で腕の太い黒人でした。ものすごい体臭でした。

 男の人たちは興奮しているのか大きな声をあげていて、耳の鼓膜が破れるかと思うほどでした。日本語と英語がまざった会話の中で、私は服を脱がされて下着だけにされました。そしてナイフでブラジャーを切られて乳房があらわにされました。

 私は殺されるんだ。そう思うと怖くて体が動かなくなりました。そしてだんだんと意識が遠のいていきました。気がつくと、乳房にべとべとしたものがついていて異臭がしました。

 体が重くて、すぐに先ほどの黒人の人が私の上にまたがっていることがわかりました。次の瞬間、下半身にどんと衝撃が走り、これまで経験したことがないくらいの痛みでまた気を失いました。

 目が覚めると、黒人の人が私の中に何度も何度も挿入していました。乳房にかみつかれたり、首を絞められたりしながら、その人は英語でなにかを叫んでいました。ファックとかキルという言葉だけは聞き取れました。涙があふれてきました。

 お腹の下が熱くてジンジンしました。その人の勃起したペニスが私の膣の中でこすれて奥にあたっているのがわかりました。突き上げられるたびに体全身に衝撃があり、意識が遠のきそうになりました。

 もう一人の日本人の男の人が、この女こわれるぞとか死んじまうぞとか言っていました。そのあとも何度も気を失いながら、明るくなるまでそうやってされていたと思います。

 朝方、私は公園で解放されました。バックは持って行かれてしまい、服もぼろぼろでどうしていいかわかりませんでした。携帯電話もなく困っていると、ジョギングの人に見つかり、すぐに警察に通報されました。

 私はいろいろと聞かれてから病院に運ばれ入院になりました。膣洗浄と検査、点滴。外傷もひどく、入院は1週間になりました。そして退院の前日。先生から、もう妊娠はできません、と告げられました。

 棒のようなものを子宮に突き刺されたか?と聞かれ、私はそれはないと思うと答えました。思い当たるのはあの体の大きな黒人の人のことでした。それからすぐ私は当時付き合っていた彼氏と別れ、実家に戻ってきました。

 いまは、私のそのことを知らない人たちの中で静かに過ごしています。交際をしたいと言ってくれた男性もいましたが、私はすべてお断りしています。もう私は恋愛もできませんし結婚もできません。

 もう妊娠もできないのです。これを読んでいる男性の方へレ〇プはその女性の人生を奪うものです。ぜったいに許せない行為です。もしレ〇プをしたいなどと考えている人がいるのでしたら、ぜったいにやめてほしいと思います。もう被害者をつくらないでください。


↓他のHな体験談を見る