一線は越えないように

 主人とは年に数回程度になってました。そんな私が1年前からバイトを始めました。主人には相手にされなくなったけど、バイト先の店長から食事に誘われ凄く楽しくて、何度か食事に行くようになりました。

 主人とは違う店長に惹かれてしまい、お互い既婚者同士だったので一線は越えないようにしようと話してました。でも食事を繰り返してるうちに二人とも止まらなくなりホテルヘ行きました。店長のアレはとても大きく挿入されただけでイカされました。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 私も喜んで欲しくて、生で最後は中に出してもらいました。私の中で店長がドクドクとしてるのを感じ嬉しくなって抱きしめました。店長は再び腰を振り出し、私も店長に合わせて腰を動かしました。

「ヤバイ出したばっかりなのにまた出そうだよ」と言われ「出してください、何回でも気持ち良くなってください」といい結局3回も出されました。店長が抜くと、中から大量にドロドロっと出てきました。

 一緒にシャワーをし、店長のモノを洗ってると再び硬くなってきて「まだ出せますか?」と聞くと「いいの?」と聞かれました。湯船に手をついて立ちバックの体勢をとると挿入されました。あんなに激しくあんなに長い時間挿入されたことはなく最後は奥深くに出されました。

 帰宅し浮気をしたことに罪悪感を感じ、翌日店長に話をすると店長も盛り上がりすぎて、これ以上会うのはダメだねと言われ前の食事だけの関係にもどりました。

 でも先日店長の誕生日があり、今日だけと言われ店長に抱かれました。もちろん何度も中に出され私も何回もイキました。これっきりと言われ食事もやめることにしました。


↓他のHな体験談を見る