酔っぱらって羽目を外す人妻の私

 冬には鍋をよくやるんだけど。水炊きにかしわのほかに牡蠣(カキ)を入れるんだ。タラを入れる時もあるけど。旦那とはもう、鍋を囲むこともなくなっちゃったから、飲み仲間とするほかないやね。

 旦那がお泊りのときは、一人鍋っていうのもなんなんで、やまちゃんとがっちゃん、須田君を呼んで楽しくやるわけ。「このよう。牡蠣って、オメコそっくりやな」がっちゃんがびらびらを箸で広げながら言う。




「そやな。なおぼんのにそっくりや」とやまちゃん。「お前、なんで知ってんねん」「それは・・」「お二人、穴兄弟ですか」酔っぱらってる須田君がにやにやして訊く。あたしは、澄ましていた。

 だいたい、牡蠣に似てるかどうか自分ではわからん。「あんたら、あほなこと言うてんと、はよ牡蠣食べな、あんたらのちんちんみたいにちっさなるで」と、言うたった。

「須田ちゃんは、麻雀するんけ?」と、がっちゃん。「あんまり、知らんのです。役くらいしか」「十分や、これからやろけ?なおぼん、牌(ぱい)あるやろ?」「酔うてて、積めるんか?牌がぐしゃぐしゃになるで」

「お、おれはしっかりしてるで。ほら」差し出すがっちゃんの手が微妙に震えてる。今年初めて、卓を囲んだ。 須田君とやるのは、初めてや。一巡目で早くもやまちゃんがリーチ。「早いな。読めんな」と、がっちゃんがごま塩頭を掻いた。

 しかし、その後が長い。やまちゃんも自摸が悪いのか、二巡、三巡と時間が過ぎていく。「やっときたぁ!ロ~ン」須田君の不用意に捨てたイーピンが当たりやった。「三十五年ローンかいな。長いなその歳で」と、あたし。

 やまちゃんが、牌を倒す。なんとイーピン待ちの一気通貫やった。配牌が良かったんやろね。イーピンはあたしが頭にしてるし。須田君は途中、少牌のチョンボをやってくれるし、酒が入ってるから、計算も間違うし。

「それロン」あたしが、やられた。「うっそぉ。須田君、フリテンやん。サンソーほってるやんか」あたしも負けてはいない。「なおぼん、4Pやろか?」半チャンが終わって、一息ついたころ。やらしい目でがっちゃんが言う。

 この人数で勝ち目はない。「しゃあないな。お風呂入ってへんで、あたし」「かまへん、舐めてきれいにしたる」もう、どうにでもしてくれ状態だった。「あたし、眠いし、マグロやで」「ええよぉ。なぁ、みんなで兄弟になろ」親分肌のがっちゃんが仕切る。

 そして、午前二時もまわった夜中に、あたしは代わる代わる男たちに弄ばれた。途中目を覚ましたら、須田君があたしの上で必死に腰を振っていたっけ。そのあとは覚えてない。

 なんか変な夢をみていたような・・朝起きたら、おしっこ漏らしたみたいにへその下から股の間までが、びちゃびちゃやった。何人分の精液かしらんけど、溢れ出していた。三人の男は隣で大いびきをかいて寝てる。

「何時や?え?九時?あかんわ、あんたら起きて。Kちゃんが将棋しに来るんや、こんなとこ見つかったらえらいこっちゃ」「う~ん」「こら、はよ、パンツ履け!」あたしは、男どもを蹴ったった。

 あたしは、シャワーで体中の、なんだかわからん液体を洗い落とした。お後がよろしいようで。ちゃんちゃん。


↓他のHな体験談を見る