店長のエロテクに泣きっぱなし

 昨日 アルバイト先でミスをしてしまいました。単純なクセに気持ちの切り替えが下手な私は閉店した後に一人で泣いていたのですが、見かねた店長サン(30代半・既婚です)が退出後に食事に誘って下さいました。

 初めて行く夜景のキレイなレストランで、美味しい食事と店長サンの面白いトークに落ち込んでいた私も楽しくなってきて・・そして何よりも私を気遣ってくれる優しさと・・飲み慣れない少量のぉ酒に・・私はアルバイト先でのミスと一緒に自分が女であるコトの自覚も忘れてしまいました。




 レストランを出てから駅に向かう間、店長サンの手は自然な形で優しく私の腰の辺りに添えられて、尚且ガッチリと引き寄せられていました。私は多少酔ってもいましたが、それでもまだ周囲の目を気にする正気は保っていたつもりです。

 でも・・どんどんとホテルの方へと・・入り口で後退りしている私のぉ臀に、イヤラシク手を当てられて強引に押し込まれてしまいました。部屋に入ると店長サンは『キミにはここで もう一度泣いて貰うから』と言って私の服を脱がし始めました。

 私だって経験はありますから、でもせめて「シャワーを使わせて下さい・・汗もかいていますし」とお願いをしたのですが聞き入れて貰えませんでした。あとはもう店長サンの成すがままです。服や下着も『このほうがソソるから(笑)』とワザと全部を脱がさ(れ)ずに・・

 また『そんなに汗をかいたのなら俺がペロペロして舐め取ってヤルよ』と全身・・しかも今まで舐められたこともない脇の下やビキニライン、そしてぉ臀の〇ナ〇まで・・! 体中をむさぼられてしまいました。

 初めに店長サンに言われた通りずぅ~っと泣かされ続け、何度もイカされました。ホテルを出て駅に向かう頃には私は店長サンの腕にしがみつきながら、うつ向きがちに頬を寄せて甘えん坊になっていました。

 今日も夕方からアルバイトですが・・恥ずかしいです。どんな顔をして・・。


↓他のHな体験談を見る