一人東京で自営業を始めた時の話

 仕事はオフィス用品とかの営業→海外の工場への発注なんですが、その当時は自分自身と社員が2人の小さな会社。そして社員は昔の同僚とその彼女とっていうちょっとした身内経営。デカイ仕事が取れたときや月末はおれのおごりで仲良く三人で呑みに行ったものです。会社が少しずつ軌道にのって新しく社員を募集し始めた頃です。

 同僚(佐藤)の彼女(加代ちゃん)が最近は全然佐藤と話をしていないようなので「佐藤となにかあったの?」と聞いてみました。(この時はあくまでも社員の能力が落ちるとおもったので聞いただけで下心は0です)




 加代ちゃんは「う~んどうしようかな~でも会社で話すようなことじゃないから・・」おれ「そっか~なんか顔に力がないからさ~話を聞くぐらいできるからいつでも言ってよ」加代「うん、」その時はそれだけでした。

 2日後に加代ちゃんが、「今日空いてますか?」っと聞いてきたのでああ、佐藤の事だなと思い時間を作りました。そしたら「佐藤のこと好きじゃなくなったというか、こんなすごい人もいるんだぁ~って人が近くにいて憧れっていうのか好きっていうのか・・とにかく佐藤とうまくいかなくって・・」とのこと。

“近く“にいるから?はっきりいって引っ掛かりました。でも自分とは限らないので「まだ結婚してる訳じゃないし相手ぐらい素直に選んだ方がいいと思うよ。会社の方は困るけど^^;」っと言ってあげました。

 加代ちゃん「うん、私もそう思う。でも会社もせっかく良くなってきたのに別れるのは困ると思って・・どうしたらいいかな・・」おれ「ああ、募集してるからそんなことは気にせんで良いって」加代ちゃん「ねえ、別れたら私と佐藤どっちをやめさせる?どっちに残ってほしい?」う、、これはこまった。

 仕事は佐藤の方ができるので、、でもこの状況で佐藤って言うのもな。おれ「う~ん、どっちとも言えないけど加代ちゃんがいてくれると職場が和むからなぁ~」加代ちゃん「ほんと?そう言ってくれると嬉しいかも」おれ「まあ後はいろいろ二人で決めなよ。最後の決定は自分でやりな」加代ちゃん「そうだね。いろいろありがと~」っとまあこんな感じです。

 そして、決定的な出来事が、その日の帰り、帰りの電車は二人とも違ったのでおれが見送ってもらう形になったんですが、また明日~^^ノっと別れをして帰ろうとしたんですが、加代ちゃんが急に袖をつかんできました。ん?っと振り向くと上目遣いで「ほんとにかえっちゃうんだぁ~」っと言ってきました。

 ↑これはいま思い出してもドキっとしました。言ってる意味が全部このときわかりました。加代ちゃんが気になってるのはおれで、今日は傍にいて欲しい(して欲しい?かなw)おれは雑踏のなか耳元で言いました。

「おれもお前のこと本当は帰したくないんだけどね」その後はめちゃめちゃドキドキしながらホテルに直行!シャワーも浴びてられませんでしたw着くなり後ろから抱き締めてキスをしてオッパイ触りながらまん○に手をやると・・

 ビショビショ!!え!?こんなに濡れるものなの?って感じ(でもそれのせいでさらに火がつきました)おれに触られながら「うれしいうれしい」って何度も言ってました。加代ちゃんが気にならない存在だと言えばハッキリいって嘘になる、体つきも良いしルックスも良い、性格も癒し系?(とげがない)なので俺好みでした。

 それからはもう我を忘れてってやつです。そうなってくるとやっぱり出てくるのが自分の性的な趣向ですねwおれは昔から妊娠するかもっていうシチュエーションが大好きで彼女とも全部生!中出しはもちろん危険日周辺ではしなかったですけど安全日は全部中出し!ハッキリ言って中出し大好きです。

 加代ちゃんはおれがゴムを付ける気がないのに気づくと「そのまま入れちゃうの?」って言ってきたので「おれこう見えて結構変態だからさ、しちゃいけないシチュエーションをおれの為にさせてくれると思うとすごい興奮するんだよね。でもやっぱ付けなきゃね」って結構正直w

 加代ちゃん「え、ゴム付けなければ私がヒロシ君の事好きだって強く思えるってこと?」おれ「うん、そんな感じ。なんか壊れるぐらい自分のこと愛してるって思えちゃうんだよね」加代ちゃん「じゃあ、そのままでもいいかも・・」この言葉で頭の中の線がプッツン切れました。

「やべ~もう我慢できなくなっちゃった。本当にそのまま入れるからね」加代ちゃん「いいよ、好きなようにされたい」そしておれは意地悪く「あ、こんなに液が先からでちゃってる、これでもたしか妊娠しちゃうんだよね~」っと言って先走り汁を加代ちゃんに見せつけるとそのまま挿入。

 でも加代ちゃんは、それを見ながらどう見ても感じてる。入れた後、一応確認して「ねえ今日は中に出しても大丈夫?生理いつだった?」加代ちゃん「あと12日ぐらいで生理だとおもう。大丈夫な日?中に出したいの?」おれ「ちょっと危険な日だね、中に出すのはやめた方がいいよね」←それでも本当は出したいw

 加代ちゃん「ヒロシ君がすごく出したいなら出してもいいよ。でも私、中に出されたことないからちょっと怖いかも」う~~~なんと良い女なんだ~。おれ「え?でも妊娠するかもしれないよ?妊娠してもいいの?」加代ちゃん「妊娠したら結婚してくれるなら妊娠してもいいよ」←これが現実的な言葉ですね。

 おれ「結婚は急には無理だから今日は出さないようにするね」加代ちゃん「私はヒロシ君に任せるから好きなようにしていいよ」こう言われるともうどうにでもなれ~ですよ。おれ「ごめん、妊娠するかもしれないけどこのまま出すからね」もうここは興奮で頭がいっぱいでしたね。

 妊娠するかもしれないのにそれでも良いって言う女が目の前に居て、中出し孕ませ大好きな自分を止めることは100%無理でした。加代ちゃん「気持ちイイ、気持ちイイ、大好き」この状況でもうイク寸前。

 おれ「妊娠するかもしれないけど中に出すよ。イクよ?」加代ちゃん「うん、妊娠させてもいいよ。うれしい、うれしい」
おれ「出すぞ出すぞ出すぞドクッドクドク」←これ以上入らないってぐらい深く突き入れて出しました。出す瞬間は孕ませること以外頭になかったぐらい。

 加代ちゃん「出てる、やだ私すごいエッチかも」この後は入れたまま5分ぐらいは激しくキスをしていました。そうすると、、やっぱり復活してきたおれの息子。そして中に精液が入ったまま2回戦突入!

 さすがに加代ちゃんも中に精液が入った状態でかき回したら、妊娠の確立が上がることぐらいわかったらしく加代ちゃん「中に精子入ったままで、こんなことして大丈夫かなぁ」それでも表情をみたらどうみてもその状況に興奮してる。

 おれ「おれの子供妊娠するのいやなの?」加代ちゃん「ううん、そんなことないよ。でも本当に私のこと妊娠させる気なの?」おれ「うん、もう我慢できなくなっちゃった、お前におれの子供を産ませたくなっちゃった」おれ「もう絶対におれの子供産んでもらうからね」

 加代ちゃん「わかった・・いいよ」そこからは前のように中出しです。中に精液が入った状態だったのでこれまたさっきとは別のおまんこに入れている感覚。そしてこのシチュエーション。7,8分で出しちゃいましたね^^;(もちろん加代ちゃんは合計4回イカセましたけどw)でも結局その時の中出しでは妊娠はしませんでした。

 加代ちゃんは佐藤と別れて、そしておれも彼女と別れて今は加代ちゃんと付き合ってます。こんなにおれの趣向にピッタリの相手はなかなかいないしねwそれから危険日以外は中出しのセックスライフが続いています。いずれは本当に自分の子供を産むと完全に約束してます。いまから興奮しちゃいますねw


↓他のHな体験談を見る