プレミアム出勤の美魔女42歳

 社長を空港に迎えに行く途中、電話が鳴る。車を左に寄せハザードをつけて電話を見ると社長だった。飛行機の欠航でこちらに着くのは3時間後「悪いが頼む」会話は終わり、時間を持て余した俺。

 コンビニでコーヒーを買い、スマホでデリヘル店を検索、地方都市とは言え、結構店があることに驚いた。距離は空港まで30分程度、値段も手ごろな店に的を絞る。「プレミアム出勤の美魔女42歳」というプロフの女性に目が止まる。




 ホテルを検索し、店に電話して指名「ホテルに入ったら電話をください」と告げられてホテルに車を走らせる。「先ほど電話したTです。〇〇の703に入りました」「〇〇の703ですね?移動時間20分程で伺います」

 俺はネクタイをほどき、鏡の前で髪をチェックしタバコに火をつけてコーヒーを飲んで待った。約束の時間に部屋をノックする音ドアを開けると男性が立っていた。「女性が嫌がる好意や本番は禁止です。それでは沙織さんをご案内します」ドアを大きく開き、女性がオジギをして入ってきた。

「初めまして沙織です」顔を上げてお互い時間が止まった。妻の友達だった。「どうしよう…チェンジしますか?」「いや、俺は構わないけど」沙織は実年齢は妻と同じ38歳、旦那は50歳、ちなみに俺は45歳、20歳の時に旦那と結婚し、高校1年生の一人息子がいる。

 沙織は某携帯会社のサポートセンターで働いている。旦那は建設会社で働いているが、正社員ではないため雨が降ると休み
だから沙織が休みの日で、旦那が仕事に出た時、電車に乗ってこの地で働いていると言う。

 子供の学費やアパート代を考えると、短時間で稼ぐには風俗だったと、2人でタバコを吸い、20分は話をしただろうか「このことは内緒にしてください」「お互いね」そう答えると沙織は少し笑った。

「シャワー浴びます?」2人で歯磨きをした後、沙織は俺に背中を向け髪を束ね、服を脱ぎだした。細いウエスト、シャワーを浴びながら後ろから胸を触ると「きゃっ」と驚いた。半立ちしていた俺のを石鹸で洗いながら「元気だね」と微笑む。

 ベッドに行くと部屋を暗くしてバスタオルを外して抱き合った。長いキスから耳元で囁いた。「沙織、綺麗だよ。いつかこうなりたいと思ってた」「私も…もっと言って」「綺麗だよ…」沙織がフェラをしているとMAXになってきた。

「沙織とエッチしたい」少し考えた後「今日はこれで終わり、店に内緒でゴムしてくれるなら」締まりは想像以上に良かった。正常位からバック、また正常位50分くらいは繋がっていただろう。沙織の中で全部出し切ってから抱き寄せキス。

「今度、指名するよ」そう言ったものの、それを撤回し「今度は直接会おう」それからは週末に2人でホテルに行って愛し合っている。悪い俺だ。


↓他のHな体験談を見る