地下鉄でエロ痴女を体験した話

 今日は週末恒例、嫁さんと名古屋まで買い物にお出かけ、栄にも移動したりしたから地下鉄に乗ったりもしたんだけど、自分と嫁さんが乗り込むのと同時に、若くてちょっとセクシーな若い女の子が乗ってきたんだよね。

 茶髪で黒の色っぽいワンピース着てて、お水っぽい雰囲気もあるんだけど、かと言ってケバくは無くてむしろあどけない顔立ちで、文章で上手く表現できないけど良い感じの色気を醸し出した、女の子だったんだよね。




 嫁は入り口近くに立って窓の外を向いてたから、俺に背中を向けてる状態で、俺は嫁の背中側に嫁の方を向いて立ってて、俺の隣にその子が立ってるって位置関係だったんだけど

 電車は当然揺れるから、俺の二の腕にその子の二の腕がプニプニプニプニ当たってきてさ、この暑さだったから俺も半袖その子はノースリーブ、

 生肌の柔らかい腕が当たってなんかちょっと嬉しいってゆーか、ラッキーとは内心思いつつも、なにせ嫁さん連れって事もあるし、このご時世だし、まかり間違って痴漢とか思われたらマズイって思って、腕組みをするフリをしてその子の腕から自分の腕遠ざけたワケ。
 
 でもさ、腕をどれだけ遠ざけても、やっぱり二の腕がプニプニプニプニ当たってくるんだよね。電車内めちゃくちゃ混んでるって感じでもないから、この時点で俺の頭の中「んんっ?」って混乱状態だったんだけど・・

 極めつけに駅に着いて電車が停車した時に、その子ヨロヨロってフラついて、フラついた先が俺でさ、その瞬間おっぱいが思いっきりムニュッて俺の腕に当たってきて、俺からしたら嬉しいハプニングだし、

 ありがとう言いたいくらいの案件だけど、その子から「ごめんなさい」って謝られて、そのままその子降りてっちゃった。時間にしたら10分も無いくらいの間の出来事だったけど、ちょっとドキドキした10分間だった。

 読んでる人は偶然だろとか、たまたまだろって言葉で片付けちゃうのかもだけど、俺は一応その子と体が密着しないように避けてるワケだしって思うと、ちょっとした痴女体験だったと思いたい今日の出来事でした。


↓他のHな体験談を見る