建築会社は女性が少ない

 建設会社の営業をしている27歳です。今年の春に本社から転勤してきました。由貴さんとは花見で隣の席になり、お互い自己紹介のような会話から趣味などの話をしたら、ラーメンが好きだということで話が盛り上がった。

 ふわっと香ってくるシャンプーか石鹸の香りにクラクラ、その日を機会に話をするようになった。由貴さんは33歳とは思えないほど若々しく、スーツ姿も特に脚が細くてドキドキしてしまう。



【人妻NET】夫に不満な人妻達が火遊びを・・!

 それから間もなくして由貴さんと一緒に得意先回りをした。6月には2泊3日の割と強行スケジュールで遠方へ・・詳細は省くが、2日目の夜だった。出張先で由貴さんオススメのラーメンを堪能し、ショットバー的な店で軽く呑んだ。

 ホテルへの帰り道、肩甲骨がパンパンで痛いと話をすると「私がマッサージしてあげようか?」母親がマッサージをしていて教わったと聞き、甘えることにした。「シャワーを浴びて直ぐに休んだほうがいい」と言われ、俺はシャワーを浴び、浴衣姿で待つとパジャマ姿で現れた。

 肌が弱いから柔軟剤とかノリとかダメらしい「化粧落としたから少し暗くしていい?うつ伏せになって」由貴さんは俺の肩甲骨の辺りを確認すると「これは辛いでしょ?あ、私、重くない?」俺の腰の上に馬乗りになりながらマッサージをしてくれた。

 気持ちいいのと由貴さんの香りに癒されてアソコが大きくなってしまった。「仰向けになってくれる?」「え、今ですか?」俺は暗いから大丈夫だと思ったが「もしかして私で感じちゃった?」「はい…」「若いから仕方ないよね…」少し沈黙が続いたが俺のはまだ勃起していた。

「俺も由貴さんみたいな人と結婚したいな」「山口くん酔ってるでしょ?」「そんなことないです」由貴さんは俺の肩をほぐしながら「山口くん彼女は?」「一応、いましたが…今は…」「だから私みたいなオバサンでも元気になっちゃうんだね」

「オバサンじゃないですよ。由貴さん綺麗です」無言だった「はい、終わり」「ありがとうございました。気持ちよかったです」部屋に帰ろうとした由貴さんをドアの前で抱きしめてしまった。

「きゃ!」突然のハグに驚いていたが抵抗はなかった「由紀さんキスしていいですか?」「こんなオバサンでいいの?」俺は由貴さんをこちらに向かせてキスをした。少し震えていたと思う。そのまま舌を入れてみると受け入れてくれた。

 俺のはもうギンギンで痛いほどだった。パジャマの上から胸をそっとタッチしてみたらノーブラだった。「由貴さん、可愛い!」細いウエストを背中から包むように抱きしめ「乳首立ってるよ」「山口くんがそうしてるんでしょ…」細身だけどスタイル抜群だったので、興奮してしまった。

 ベッドに引き寄せて俺は由貴さんのパジャマを剥がすと「山口くん強引だよ~!」「ゴメン、だけど…由貴さんのせいだよ」俺は由貴さんのパンティーを下げて舐めると既に濡れ濡れ「凄い濡れてるよ~」「山口くんが悪いんでしょ…ん…」腰を振りながら感じてくれました。

 さすが人妻さんはエロい、俺のパンツを下げるとフェラしてきた。「大きくなってるよ…」「旦那さんとどっち大きい?」「こっち…」「挿れたい、由貴さんが欲しい」由貴さんは俺のを舐め終えて仰向けになった。

 自分で枕の位置に頭をずらすと「中に出さないでね…大丈夫?」子どもがいない人妻の少し黒ずんだマンコ、旦那のことを考えると興奮もマックスジュブジュブと音をたててるし「由貴さん、可愛いよ~」と名前を呼んでやると「今は由貴って呼んで…あ、気持ちいい…ん、そこ…」夢中だった。

 俺は途中で仰向けになって由貴に騎乗位をさせたが「こんなのしたことないから分からないょ」「由貴の気持ちいい所に俺のチンポ当てるようにしてみて」俺は由貴を仰け反らせるように不安定な体制にした。

「由貴、気持ちいい?」「山口くんは?気持ちいい…?あん、ダメ」俺は慌てて抜いて、少しグッタリした由貴を四つんばいにヨダレを少しつけて、バックでフィニッシュを迎えようとしていた。オナラ音をさせて感じまくる由貴、必死でシーツを握りしめてたがマンコも締め付けてきた。

 最後は由貴の肩甲骨まで飛んでいった。しばらく抱き寄せてキスした。由貴は泣いていた。「どうしたの?嫌だった?」「ううん、気持ちよくて満たされちゃった」「由貴は旦那さんとのセックスは、どの位のペースなの?」

「最近は全くしてなかったし、結婚して初めて他の人とだったし」「会社の人から誘われない?」「それはあったけど…オジサンばっかりだし」「じゃ、俺が初めてだったんだね?」「年下の子としたのも初めて」

 由貴との関係は会社の人にもバレないようにしているが「最近、なんだか由貴ちゃん若くなったよな~」部長の心の声が口から出ていた。年下の彼氏のおかげでしょうか?


↓他のHな体験談を見る