体を売った19歳の女の体験談

 19の時の話、面白いこともなく多々平然と生きてく毎日に嫌気を感じていた。そんなある日、いつも通りオナニーしてるときに思ったんだ。コレが自分じゃなくて人にやってもらったらどんな感じなんだろって・・

 興味が出てきたら善は急げって事で、ありとあらゆる掲示板に書き込んだ。そしたらおっさんが返事をくれたんだ。人にやってもらうのが初めてなこと、アナルに興味があること自分の全ての事をうち明かした。




 おっさんは話を聞いてくれて今度会おうってことになった。何日かが過ぎついに待ち合わせの日になった。大宮駅で待ち合わせしておっさんと合流、この人に抱かれるのかって思った。

 おっさんがまずはご飯食べに行こうって言ったからご飯食べにいった。そのあと普通にホテル行って部屋に入った瞬間キスされた。とろけてしまいそうな思いがした。おっさんがシャワー浴びようかって言ったので、一緒にシャワー浴びた乳首とか舐められた気持ちよくなってたら、続きは出たらねとか焦らしてくるから憎い奴だと思った。

 おっさんが先にシャワー出てって少しした後に、部屋に戻ったらおっさんは普通にテレビ見てたから隣に座った。そのあと30分くらいテレビ見てマッタリしてたら、いきなりおっさんがキスしてきた。

 その後はイヤらしい雰囲気になって、おっさんの指示にしたがった。初めての浣腸はなんとも言えない気持ちよさだった。我慢してる間も乳首舐められたり、マンコさわさわされたりで我慢するのがやっとだった。

 やっとおっさんからトイレ行って良いって指示が出たのでトイレに駆け込んだ。ベッドに戻って普通にキスしながらおっさんが、マンコ舐めたいとか言い出したから舐めてもらった。おっさんのクンニは凄かった。

 気持ちいいところを的確に攻めてきて、痒いところに手が届く感じがした。私は学んだ。クンニは女の子よりおっさんの方が気持ちいい、私が言うんだから間違いない。3分くらいおっさんにクンニされた所で、私はおっさんの口の中で生き絶えた。

 おっさんはニコってしながらゴックンして、次は僕のを加えてみてくれないかとか言い出した。私は初めてだから上手くできるかわからないとか言ってたら、大丈夫!自分がやられたら気持ちいいと思うことをやってごらんって言われた。

 そんで初めてチンチンを口の中に入れた。最初はやり方がいまいち分からなかったけど、やってるうちに慣れてきてチンチンをチュパチュパしながら金たまを触る余裕まで出てきた。

 おっさんのチンチンをチュパチュパしてたら、 おっさんがあぁあーぁあーとか言い出した。私のフェラで気持ちよくなってくれてるのかと思うと少し嬉しかった。そんな事思ってたらおっさんが入れたいって言ったので、私は素直にバックの体勢になった。

 おっさんが私の腰を押さえてロックオン、おっさんのチンチンが私のアナルに入ってきた。初めて自分の指じゃないものが入る感覚、おっさんの腰の動き。こんなことをされて興奮しないわけがない、さっき生き絶えたはずのチンチンがギンギンになっていた。

 それに気づいたおっさんは、アナルを突きながらマンコもさわさわしてくれた。もう何がなんだかわからないくらい気持ちよかった。あぁーだめーとか叫んでた気がするがよく覚えてない。

そんでそんな気持ちいいことされてたら長く持つはずもなく、2回目の御臨終を迎えるおっさんのチンチン。おっさんも気持ちよかったのかほどなくしてイッタ、そんで2人でシャワー浴びてホテルを出て、駅で約束のお金少し多めに入れといたからって封筒渡された。電車ん中で確認したら10万入ってた。


↓他のHな体験談を見る