孫がいる婆ちゃんでもイケるもんだ

 専業主婦な友人の妻 と言っても孫が居るアラ還の婆ちゃんです。家族ぐるみでの付き合いでしたが、私の妻が亡くなり二年 親しい家族が集まり酒の席で、私の女性関係を友人の妻に聞かれました。

 私の妻が亡くなる前 友人の妻に、私が毎晩のように求め来て 困っちゃう と話したとか!確かに浮気をしない代わり 妻と毎晩1回はSEXするほど性欲は有りました。「奥さん亡くなって どうしてるのよ?」と、コッソリ聞かれ




「どうもして無いよ‥光ちゃんは週1ではしてんだろ!」「無いわよ 誰かが言ってたの?」「(友人)が言ってたよ 週1回はしてるって」「良く言うわよ! もう10年は無いわ、もうこんな年だし進ちゃんが毎晩だなんて驚いたわよ! その性欲、私が欲しいくらいよ(笑)」

「良いよ、光ちゃんさえ良けりゃ(笑)」そんな密々話しをしてると友人が「何 ヒソヒソ 俺の悪口言ってんだよ(笑)」「悪口じゃないわよ 良い事よ(笑)」御開きに成り、帰る時 光ちゃんが傍に来て「良かったら 明日 家に来てよ!幼稚園のバスに乗せたら 家には私だけだから!」

「えっ 良いのかい?」「待ってるから(笑)」息子の嫁が車を持って回して来たので帰りました。9時過ぎに友人宅に行くと「早く入って!」「本当に良いのかい?」居間で立ち話しると「良いのよ‥」と抱き付いて来ました。

 痩せてた妻と違い、中年に成り太った光ちゃんの体はムッチリとして、キスしながらワンピースを捲り上げて尻に触ると、ワンピースの下には何も着けて無く、ムッチリした生尻で久しぶりの異性にチンポが勃起しました。

「ねぇ 向こうに布団敷いて有るから‥」引っ張られるように座敷に行くと、布団が敷かれて有り 枕元にはティッシュも用意さるてました。ワンピースを脱ぎ捨てると、やはりワンピースの下には何も着けて無く、ムッチリ豊満な裸体は年相応に垂れ 思いの他 巨乳な先に色付いた大粒乳首が!

 アンダーヘヤーは広く三角地帯に生え 凄いエロ気を放ってました。シャツのボタンを外してると、もどかし気にズボンのベルトを外す光ちゃん!シャツを脱ぐ時にはズボンは下げられパンツの裾を掴み 一気に下げた光ちゃん。

 勃起してたチンポはビタンと腹に弾け、光ちゃんの顔の前でビクビク脈打ってました。「ワァ~ 凄~い! 元気ね~‥」チンポを掴み見上げた光ちゃんの不美人な顔は、満面なエロを讃えてました。昔から不美人の中にエロさを垣間見せる光ちゃんは、気になる事は有りました。

 布団に倒れ込みたわわな乳房を掴み、大粒乳首を舐め吸うとピクピクと快楽が広がってくのが感じとれました。陰毛に顔を埋めると石鹸の匂いに混じり、少し腐臭が匂い立ち長年の御無沙汰感が感じられました。

 妻より全然 崩れて無いマンコを丹念にクンニ、フェラされ背面騎乗で合体 正常位では動かせば動かすほど、光ちゃんは顔をエロく歪ませ逝き、暫くぶりのSEXに我慢出来ずに激しく突き入れ押し込み膣内射精!

「ごめん 出ちゃった‥」「アッ‥中で まだ出てる‥凄かったわ~‥」ゆっくり抜くと、濃い精液がドロ~っと垂れ出て来て、慌ててチンポで垂れ無いよスクい上げて膣に戻すようにチンポを挿入して塞ぎ、タオルを下に敷き抜くと、若い者に引けを取らない程 精液が垂れ落ちて来ました。

「凄い!‥」「ごめん 暫くぶりだったから‥」「私もよ(笑) よかったわ~‥」生理が上がる前にはSEXし無くなり、中出しは二十数年ぶりとか!フェラさるると直ぐ勃起し二回目、体位を変え十分突き逝かせて又膣内射精。

 シャワーを浴び、布団に寝転び色々触りながらお喋りして、揉んだり舐め合ったりで三回目。「ねぇ 又来て!」孫が帰って来る30分前に帰りました。商売は息子夫婦が遣ってくれてるので、平日週2~3回行っては友人の妻とSEXしてます。

 アラ還婆と還暦爺の不倫で年寄りですが、まだまだ新鮮 毎回三回の射精が定番化してます。精飲は好きで、初めてと言うアナルSEXもしました。最近はラブホテルを使用してます。


↓他のHな体験談を見る